『一番使える!はじめての確定拠出年金投資』:雨読夜話

ここでは、「『一番使える!はじめての確定拠出年金投資』」 に関する記事を紹介しています。
はじめての確定拠出年金投資
はじめての確定拠出年金投資
大江 英樹
東洋経済新報社 2016-06-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
確定拠出年金の教科書
マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。
図解 はじめての確定拠出年金 (お金のきほん)
「なんとかなる」ではどうにもならない定年後のお金の教科書
自分でやさしく殖やせる 「確定拠出年金」最良の運用術
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
NISA、DCから一括贈与まで 税制優遇商品の選び方・すすめ方
いますぐプライベートカンパニーを作りなさい!
マイナス金利にも負けない究極の分散投資術
確定拠出年金 ベストアンサー100


確定拠出年金のメリットや利用方法を分かりやすく解説している作品。
法律の改正によって2017年から一定以上の収入のある成人のほとんどが加入できるようになることもあり、加入するに当たってのポイントを確認してみるために読んだ。

基本的には昨年末に読んだ竹川美奈子著『金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術』と同じテーマについて書かれているが、別の著者による本ということでより理解が深まったような気がする。

印象に残ったのは、アセット・ロケーションと、申し込み手続きのところである。

アセット・アロケーションが資産を何に投資するかであるのに対し、アセット・ロケーションは資産をどこに預けるかを指していて、分散の仕方によって税金や手数料が変わってくることが書かれているのが参考となる。

申し込み手続きのところでは、会社員の場合は勤務先に企業年金などをやっていないことを証明してもらう必要があるのが手間なのだが、来年から手続きが簡略化されて欲しいところである。

また、金融機関による手数料の差や取り扱われている金融商品の手数料の違いなどが書かれていて、今年の年末から来年の前半にかけて、より有利なサービスが提供されないかと期待している。

いずれにしても情報を集め、自分に合った方法での投資・運用を模索したい。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック