『不思議の扉 午後の教室』:雨読夜話

ここでは、「『不思議の扉 午後の教室』」 に関する記事を紹介しています。
不思議の扉 午後の教室 (角川文庫)
不思議の扉  午後の教室 (角川文庫)
大森 望 (編集), カスヤ ナガト (イラスト)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-08-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)
不思議の扉 時をかける恋 (角川文庫)
不思議の扉 時間がいっぱい (角川文庫)
不思議の扉   ありえない恋   (角川文庫)
奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)
聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)
美女と竹林 (光文社文庫)
Fantasy Seller (新潮文庫)
宵山万華鏡 (集英社文庫)
聖なる怠け者の冒険


不思議な物語を集めたアンソロジーのシリーズ第4作で、学校がからんでいるというくくりで集められている。
『不思議の扉 時間がいっぱい』がなかなか面白かったので続けて読んだ。

  • 「インコ先生」湊かなえ
  • 「三時間目のまどか」古橋秀之
  • 「迷走恋の裏路地」森見登美彦
  • 「S理論」有川浩
  • 「お召し」小松左京
  • 「テロルの創世」平山夢明
  • 「ポップ・アート」ジョー・ヒル
  • 「保吉の手帳から」芥川龍之介

「お召し」は一度『すぺるむ・さぴえんすの冒険 小松左京コレクション』に収録されているのを読んでいるが、改めてネタバレしても問題ないレベルの作品に仕上がっていることが分かる。

「インコ先生」、「三時間目のまどか」、「S理論」は短いページ数の中であっと驚かされるのが爽快である。
「三時間目のまどか」の著者である古橋秀之はライトノベルを主に書いているようなので、毛嫌いせずに挑戦してみようかと思ったりもした。

「テロルの創世」は光(リュミエール)と影(オンブル)が関わる重い世界設定が心に残るし、スティーブン・キングの息子による「ポップ・アート」は風船人間の友達という妙な存在が気になったりと、独特の感じが楽しめる。

読んだことのある作家の知っている作品や知らない作品、初めて読む作家の魅力を知るというアンソロジーならでわの楽しみ方をすることができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 大森望, 小松左京, 有川浩,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック