『戦国武将名言録』:雨読夜話

ここでは、「『戦国武将名言録』」 に関する記事を紹介しています。
戦国武将名言録 (PHP文庫)
戦国武将名言録 (PHP文庫)
楠戸 義昭
PHP研究所 2006-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国武将の名言に学ぶ
武将の言葉 決断力が身に付く180のヒント (角川ソフィア文庫)
運命を切り開く 戦国武将100の言葉
人生を決断する! 武将<サムライ>の言葉1000
生きる力がわいてくる名言・座右の銘1500 (ナガオカ文庫)
百姓から見た戦国大名 (ちくま新書)
現代語訳 信長公記 (新人物文庫)
完訳フロイス日本史〈1〉将軍義輝の最期および自由都市堺―織田信長篇(1) (中公文庫)
人生の指針が見つかる「座右の銘」1300 (宝島SUGOI文庫)
完訳フロイス日本史〈3〉安土城と本能寺の変―織田信長篇(3) (中公文庫)


戦国武将たちの言葉とエピソードを紹介している作品。
必ずしも名言ばかりでなく、迷言・珍言なども含まれる。

有名な戦国大名の他に、多胡辰敬(たこときたか、尼子経久の家臣)や内藤如安(松永久秀の甥で、キリシタン大名)など、知る人ぞ知るようなマニアックな人物の言葉まで取り上げられている。

戦国の世から太平の世へ変化していく中、伊達政宗や加藤清正のようにうまく変化に適応できた者がいた一方で、「弓は袋へ」の言葉を残して表舞台から退場させられた福島正則などの対比が分かりやすい。

毛利元就が一族に残した数々の家訓や、高橋紹運(立花宗茂の実父)、松永久秀、長宗我部信親(元親の長男)らによる壮絶な最後に当たっての言葉、経験したからこそ分かる貧乏のつらさを語った前田利家や伊東義祐(日向の大名)の話など、読ませるエピソードが多い。

家康が大内義隆、山内憲政、今川氏真を武家の本分を忘れた三大バカ殿という扱い方をするなど他の武将を評価している話が面白かったり、小早川隆景(毛利元就の三男)や武田信繁(信玄の弟)が数多く語った名言から評価を上げたくなったところも印象に残る。

あくまで伝聞を元にしているので信憑性についてあやしいものもままありそうが、少なくとも彼らが言いそうなことだと受け入れられているわけで、これはこれで評価すべきなのだろう。

思っていた以上に濃い内容で、興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック