『幻想世界の幻獣・討伐者ベストセレクション―決定版』:雨読夜話

ここでは、「『幻想世界の幻獣・討伐者ベストセレクション―決定版』」 に関する記事を紹介しています。
幻想世界の幻獣・討伐者ベストセレクション―決定版
幻想世界の幻獣・討伐者ベストセレクション―決定版
幻想世界調査委員会
学研パブリッシング 2012-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
幻想世界 幻獣事典
幻獣×幻想世界イラスト大事典―決定版 (Gakken Mook)
決定版 幻想世界の職業FILE


神話や伝説に登場する幻獣に分類できそうなものを80種類、そしてRPGや小説でそれらを討伐する職業を23種類、解説1ページとイラスト1ページの見開き2ページで紹介している作品。

RPGなどに出てくるものを中心としているため、ギリシア・ローマ神話、北欧神話、メソポタミア神話、旧約・新約聖書などに由来するものが多く、日本や中国、インドなどのものはあまり扱われていない。

章立てでは危険度が高い順で分けられているが無理やり感が強く、ドラゴンやアンデッドのように種類別で分けたほうが良かったように思う。

記述については、限られたページの中で対処法のような幻獣によってはあまり意味のなさそうな記述(例えば大陸サイズの幻獣への対処法などあるわけがない)を入れた上でも細かな情報を入れていて、記述にこもった著者たちのマニアックな情熱が感じられる。

ワイバーンというドラゴンに似た幻獣はドラゴンよりも少し下のポジションで、これは王家の象徴とされることが多いドラゴンを使いたくても使えない人々が拠り所とする需要に対して生み出されたなどの事情が書かれていたり、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーといったRPGでの扱われ方など、キャラクターとしてどのように変遷してきたかが分かるのも興味深い。

ゾンビとマミー(ミイラの化け物)は伝説ではなく呪術から連想されたフィクションとして生まれたので本書の対象から除外していたり、ゴーレムのような魔法生物とロボットはどれくらい異なるものなのか?という考察など、各章末に入っているコラムも面白い。

日常では役立たないがゲームをする上で知っていて損はない情報が思っていたよりも丁寧に書かれていて、そこそこ読みごたえがあった。





[参考文献に挙げられていた作品の一部]



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック