『ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉』:雨読夜話

ここでは、「『ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉』」 に関する記事を紹介しています。
ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉
ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉
NHK「ブラタモリ」制作班
KADOKAWA/角川書店 2016-07-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)
京都の凸凹を歩く -高低差に隠された古都の秘密
地図マニア 空想の旅 (知のトレッキング叢書)
「昔の名残」が見えてくる! 城下町・門前町・宿場町がわかる本
地形で解ける! 東京の街の秘密50 (じっぴコンパクト)
地図趣味。
凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩2
大東京23区散歩 (講談社文庫)
まるごと金沢 2015年版
京都お散歩凸凹地図


NHKで放送されている教養バラエティ番組「ブラタモリ」を書籍化した作品の第1巻。
好きな番組で書籍化してほしいと思っていたので、早速読んだ。

本作では長崎、金沢、鎌倉の3都市を訪れた回が収録されている。
確か金沢編は観ていないが、長崎編と鎌倉編は少なくとも前編か後編のどちらかは観たと記憶している。

長崎編では川を暗渠にする際に道路の下に埋められた橋や、世界遺産にもなった三菱重工の巨大なクレーン、池島炭鉱での巨大な団地の廃墟や地底深くに掘られた炭鉱などが扱われていて、テレビで観ていたのを思い出した。

金沢編では前田家の藩主の代によって金沢城の石垣の組み方が実用一点張りから芸術性を求めたものになっていく過程が見られたり、高低差があまりない悪条件のもとで川から兼六園を通って金沢城まで通された辰巳用水における高度な技術に驚かされたりする。

鎌倉編では山の際にある谷(やつ)を掘って造成した土地や、港に向いていない遠浅の海に石を多く並べて造られた人口の港、漫画『スラムダンク』がアニメ化された際に風景が使われた場所を通る人気路線・江ノ電の歴史などが印象に残る。

いかにもな観光名所に行かず、ひたすら地形や歴史に関する場所を訪れているのが非常にいい。

そして番組では語られなかったタモリ、桑子真帆アナウンサー、番組スタッフ、案内人たちによるコラムも収録されていて、番組の裏事情やさらなる情報なども知ることができる。

番組スタッフは撮影に際してタモリと桑子アナには「どこへ行くか」だけしか知らせず、初めて知った際のリアクションを大切にしていることが伝わってくる。
これは誰にでも適用できる方法ではなく、博識で好奇心旺盛なタモリだからこそ面白くなっている部分も大きいと思う。

それでもタモリが案内人の問いかけに正解を即答して案内人ががっかりするシーンも多く見られ、知的なやり取りがこの番組の魅力のひとつになっている。

期待していた面白さを得ることができたので、第2巻も読んでみようと思う。





ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

NHK「ブラタモリ」制作班
KADOKAWA/角川書店 2016-07-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : ブラタモリ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック