『“好敵手”(Ⅱ)正信と三成 豊臣政権滅亡―「天下一統」の流れを巡る二人の確執』:雨読夜話

ここでは、「『“好敵手”(Ⅱ)正信と三成 豊臣政権滅亡―「天下一統」の流れを巡る二人の確執』」 に関する記事を紹介しています。
“好敵手”(Ⅱ)正信と三成 豊臣政権滅亡―「天下一統」の流れを巡る二人の確執“好敵手”(Ⅱ)正信と三成 豊臣政権滅亡―「天下一統」の流れを巡る二人の確執

島 遼作
文芸社 2015-08-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本多正信と石田三成をライバル関係として対比して描いた歴史小説。
2人には27歳差と世代が異なって入るものの、関ヶ原の合戦に至る家康と秀吉、そして家康と三成の戦いを背景としてそれぞれの場面を切り替えながら話を進めている。

斬新な解釈とか意外性はさほどなく、登場人物が現代語でしゃべりすぎていたり一部の事実関係が少しあやしいなどの欠点はあるものの、話の組み立てが分かりやすいのと、人物描写がはっきりしているところが面白い。

主人公では正信が謀略の魅力に取り付かれた人物として、三成が頭はいいがじっと耐えることが苦手、正義感が強い分だけ他人の心情に疎いなどのキャラクターはイメージ通りというか、カリカチュアライズされている。

三成が高禄で召し抱えた島左近は戦国の男らしい強硬手段を好む人物となっていて、正々堂々とした手段を好む三成にまどろっこしさを感じながらも三成の魅力に引かれて忠実に仕事していくところが描かれている。

そして正信が仕える家康は、本質的には参謀を必要としないくらいの知性を持ちながらも家臣に意見を求める傾向や、必要に応じて喜怒哀楽を演じ分ける狸ぶり、ここぞというところで素早い行動をする意外性といった多くの面が描かれていて、本書で最も人物描写が優れていると感じた。

本能寺の変で伊賀越えを果たした後に光秀の仇討ちをすると言いながらも本音では甲信地方にターゲットを置いたり、天正壬午の乱や小牧・長久手の戦いになる前から戦後処理として北条氏や秀吉からいかに有利な条件を引き出すかを考えていたなど、家康・正信主従が謀略をめぐらせているシーンが特に面白かった。

現代語を多く使用している分だけ読みやすく、ドキュメンタリーのような感じを受けながら読んでいった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック