『警備員の山田さんが4年で1億8000万円の資産を築いたヒミツ』:雨読夜話

ここでは、「『警備員の山田さんが4年で1億8000万円の資産を築いたヒミツ』」 に関する記事を紹介しています。
警備員の山田さんが4年で1億8000万円の資産を築いたヒミツ
警備員の山田さんが4年で1億8000万円の資産を築いたヒミツ
山田 勤
すばる舎 2014-02-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
アラフォーママ"夫もビックリ"資産12億円「女流」メガ大家さんへの道!
年収300万円だった林さんが年収3000万円になったお金の増やし方~サラリーマンだからできる少ない元手、少ないリスクでできる資産運用法~
「ふつうの人」だからこそできる! 確実に「不労所得」を作る技術 年収300万円からの「不動産投資」基本から裏ワザまで
誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略 (詳細解説版)
“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術
元外資系サラリーマンの家賃年収『1億円』構築術
金持ち父さんの「大金持ちの陰謀」: お金についての8つの新ルールを学ぼう (単行本)
越谷大家流! 爆発的にお金を増やす!! 物件の効率的な購入の仕方と利回りアップ術
買うだけ、かんたん! 主婦の私でもできた月収130万円「新築アパート」投資法
たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法 借りて増やす技術


警備員でアパート投資をやっている人物による、自分がどのように成功したのかを語っている作品。

著者はリストラを経て警備員の職に就いたものの浪費癖がひどく、妻がひき逃げに遭って保険金を得たもののそれも半分を使ってしまい、これはまずいと思って不動産投資に賭けて成功したと語っている。

成功するための2つの要件としては交渉力と物件力を挙げていて、前者では不動産業者や関係者とのやりとり、後者では欠点があるとされる物件の中から当たりを見つけることを書いている。

「私でもできたのだから読者もその気になればできる」といった調子で書かれているが、金額とかコストとか、不動産業者とか入居者とかの話で具体的なことが触れられておらず、読みやすい一方で内容の軽さに不安を感じる。

パートナーとなる不動産業者と付き合うことや、物件のメンテナンスなどおそらく面倒なこともそれなりにあるはずだと思うのだが、そこがちょっと足りなくて説得力に欠けている。

そう思って本書の奥付に掲載されていた著者のブログを読んでみると、本書内で2件目に購入した千葉の物件は運用に失敗して手放し、自慢していたハワイのコンドミニアムも売却したとあり、そううまくいくわけがないなと納得できた。

つまり、本書は不動産投資で失敗する前に書かれたもので、いい気になっている人がどのようなことを語るのかを読むという使い方をすべき作品なのだろう。

著者のブログを読まずに、本書に書かれた内容だけで判断してはいけないことを注意点として挙げておく。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック