『低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー』:雨読夜話

ここでは、「『低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー』」 に関する記事を紹介しています。
低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー
低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー
朝倉智也
朝日新聞出版 2012-12-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
マイナス金利にも負けない究極の分散投資術
〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと
一生モノのファイナンス入門―――あなたの市場価値を高める必修知識
ETF投資入門 (日経文庫)
長期投資のワナ ~ほったらかし投資では儲かりっこない
図解 はじめての投資信託 (お金のきほん)
不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの
ものぐさ投資術 (PHPビジネス新書)
30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
最新 資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則


投資信託の評価を行っているモーニングスター社の代表取締役による、投資環境の変化に応じた投資信託の選び方やポートフォリオの組み方、海外ETFの紹介などを行っている作品。

まずは日本の投資信託における残念な状況を語っている。

販売手数料や信託報酬が高くなっている上、何にそれだけのコストがかかっているのか、誰が運用しているのかなどの情報開示があまりになされておらず、投資家ではなく販売会社のほうばかりを向いた運営がなされているようで、仮にTPPが締結されるようであれば真っ先にアメリカに合わせて改革してほしいところである。

そして人気のある毎月分配型の投資信託では、ファンド・オブ・ファンズの形にすることでインカムゲインも分配の対象にできる抜け道を見つけたり、通貨選択型という三重にも四重にも階層を重ねた構造にすることでリスク評価やコスト構造を分かりにくくしたものを開発しているなど、手数料を稼げればいいという昔ながらの悪癖が続いているようである。

次に投資環境の変化についての話がなされていて、これまでは国内・海外と株式・債券という形での分散投資が勧められていたが、今後それだけでは分散効果が出にくくなるという。

これは国内と先進国、新興国との間で資産の価格変動が似てきたことを指していて、似ているのならば預貯金や保険で日本国債に既に投資している割合が大きい日本だけでなく、経済成長が期待できる新興国の割合を増やした方がいいのではないかという話になっている。

そして新興国の中でも、インドネシアやトルコは他国と比較的相関関係が小さいので分散効果が見込めることや、他の資産クラスと相関関係が小さい金への投資が意味を持つという。

そこから、ETF(上場投資信託)への投資の話になっている。
日本のETFも商品自体は悪くはないものの金融機関が売りたがらないために人気と知名度が低くて取引数が少ないので、海外ETFを勧めている。

お勧めの海外ETFではバンガード社やブラックロック社といった有名な会社による運用期間が長いものが紹介されていて、信託報酬の安さは確かに魅力的である。

本書が書かれた頃はまだ海外ETFを特定口座で扱える証券会社はなかったが、現在はマネックス証券と楽天証券では扱えるようになっていて、便利になったものだと感じる。
ただ、購入するごとに売買の手数料がかかるのでまとまった額がたまってからやった方がいいのと、取引方法や銘柄選びでの調査は必要なのは当然なので、今後検討してみる。

そして昨年くらいからインデックス型の投資信託の中に信託報酬がETFと大差ないものも出てきているので、当面はインデックス型の投資信託を積み立てることを続けるつもりである。

投資信託に関してあまり知らなかったことがいくつも書かれていて、大いに参考になった。
ブックオフで200円で販売されていたものを購入したのだが、なかなかお値打ちだったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック