『警視庁公安部・青山望 聖域侵犯』:雨読夜話

ここでは、「『警視庁公安部・青山望 聖域侵犯』」 に関する記事を紹介しています。
警視庁公安部・青山望 聖域侵犯 (文春文庫)
警視庁公安部・青山望 聖域侵犯 (文春文庫)
濱 嘉之
文藝春秋 2016-08-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ヒトイチ 内部告発 警視庁人事一課監察係 (講談社文庫)
殲滅地帯 新・傭兵代理店 (祥伝社文庫)
廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕 (幻冬舎文庫)
二度泣いた少女 警視庁犯罪被害者支援課3 (講談社文庫)
去就: 隠蔽捜査6
共犯捜査 (集英社文庫)
捜査組曲―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫 こ 3-41)
リターン (中公文庫 や)
破壊屋―麻布署生活安全課小栗烈2 (ハルキ文庫 は 3-25)
広域指定 (新潮文庫)


警視庁公安部・青山望シリーズの第8作で、今年開催された伊勢志摩サミットを舞台としている。

サミット警備で厳戒態勢の中、真珠の養殖で知られる英虞湾で死体が発見され、裏社会の情報をネタに企業や反社会勢力から金を得るブラックジャーナリストのものと判明した。
しかし三重県警では警備で人手不足ということもあって捜査が進まず、捜査一課の上席は元上司であり青山の同期でもある警察庁の藤中に相談することで話が展開する。

その頃青山は岡広組総本部と分裂した清水組の抗争の動きを探るために名古屋に出向いており、捜査二課の龍は農水省と独立行政法人、中国系企業にまつわる汚職事件を捜査していて、これらの事件がつながってくる。

青山が思わぬ人物を情報提供者としての関係を築いていたり、藤中や龍が青山の影響を受けて捜査に公安的な手法を取り入れていることなど、本作では見せ場が少ない大和田も含め、青山たち同期カルテットがそれぞれの持ち味を発揮している。

固有名詞は出していないものの、「つまらない男」や「なかまたちの代表」の話も含め、昨今の政治情勢や中国からのインバウンド消費の変化などを背景に取り入れていて、著者が執筆するスピードがかなり早いことに驚かされる。

小説としての完成度?はどうなのかよく分からないが、リアルさは本作でも存分に感じることができ、書かれている現実の重さに圧倒されながら読み進んだ。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 濱嘉之,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック