fc2ブログ

『退職刑事 (1)』:雨読夜話

ここでは、「『退職刑事 (1)』」 に関する記事を紹介しています。
退職刑事 (1) (創元推理文庫)
退職刑事 (1) (創元推理文庫)
都筑 道夫
東京創元社 2002-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
退職刑事〈2〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈5〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈6〉 (創元推理文庫)

刑事の息子が、定年退職した元刑事の父親に抱えている事件の内容を語り、父親が名推理を披露するという安楽椅子探偵ものミステリ連作。

テイスト的には鮎川哲也の三番館シリーズやアシモフの黒後家蜘蛛の会シリーズに近いが、本作は主な登場人物が父親と息子、あとは嫁の美恵が少し顔を出す程度と際立ってシンプルな構成になっているのが特徴である。

著者はあとがきで”マンネリズムに徹して”いると書いており、最近の言葉で言うと安楽椅子ものでのベタを追求している。それだけに内容のみで勝負する部分が多くなるが、それに十分耐えられるだけの中身がある。

推理としては奇想天外なトリックではなく、読者や息子が抱きがちな錯覚を利用した論理を利用したものが多く、この点でも著者のこだわりがあるようだ。

冒頭の方で語り手役の息子による”かつては硬骨の刑事、今や恍惚の刑事”というフレーズに吹き出し、面白く読むことが出来た。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 都筑道夫,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック