『福岡共和国のオキテ100カ条~焼き鳥はキャベツの上に乗せるべし!~』:雨読夜話

ここでは、「『福岡共和国のオキテ100カ条~焼き鳥はキャベツの上に乗せるべし!~』」 に関する記事を紹介しています。
福岡共和国のオキテ100カ条~焼き鳥はキャベツの上に乗せるべし! ~
福岡共和国のオキテ100カ条~焼き鳥はキャベツの上に乗せるべし! ~
月刊九州王国編集部 (著), トコ (監修)
メイツ出版 2014-07-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
福岡あるある
博多の法則 (リンダブックス)
福岡「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない福岡県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)
博多学 (新潮文庫)
福岡本 (エイムック 3192)
熊本共和国のオキテ100ヵ条 ~「はうごつ」「まうごつ」「なばんごつ」の三段活用を使いこなすべし! ~
修猷館高校あるある
博多華丸・大吉式ハカタ語会話
福岡県民のオキテ (コミックエッセイ)
しゃべってみんしゃい 福岡弁


福岡ローカルのコラムニストによる、福岡県の風習や言葉、文化などを100の項目で紹介している作品。

以前読んだ『博多ルール 博多よかよか!ライフを楽しむための48のルール』と重なる部分も多いが、それ以外に初めて知ることも多く、福岡県に行くことは多くても住んだことがない者としては興味深い。

例えば原を「はる」、京都郡を「みやこぐん」と読むところまでは分かっていたが、稲荷町を「とうかまち」というのは分からなかったのが少し悔しい。

職場などでしばしば「なるほどですね」という言葉を聞いたりつられて使ってしまったりしたことがあるが、これは近年生まれた福岡などでの方言の一種とあり、全く意識していなかったので驚く。

北九州の屋台ではお酒がなくて代わりにおはぎが出るというところでは、北九州を本拠とする資さんうどんでうどん屋なのにぼたもちも人気があり、行ったら必ず注文するか持ち帰ってしまうので、その文化が反映されたものなのだろうと納得した。

他にも私鉄のN鉄O牟田線が便利のいい隣県の鳥栖市を通らずに県内の小郡市を通るというもやもやした感じや、手榴弾を見つけて通報したら10万円の報奨金が出るという修羅の国の恐ろしさ、博多駅の改札に漂うクロワッサンの甘いにおいというあるあるなど、多くの話が収められている。

著者は北九州出身で福岡市在住ということもあり、久留米や筑豊についての話が少ない気もするが、福岡市に住む知人との話で出てきたことがけっこう出てきて、面白く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック