『カオスだもんね! PLUS 5』:雨読夜話

ここでは、「『カオスだもんね! PLUS 5』」 に関する記事を紹介しています。
カオスだもんね! PLUS 5 (電撃コミックス EX 136-5)
カオスだもんね! PLUS 5 (電撃コミックス EX 136-5)
水口 幸広
アスキー・メディアワークス 2012-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
カオスだもんね! PLUS 4 (電撃コミックス EX 136-4)
カオスだもんね!PLUS(3) (電撃コミックスEX)
カオスだもんね! PLUS 2 (電撃コミックス EX 136-2)
カオスだもんね! PLUS 1 (電撃コミックス EX)
カオスだもんね! 20 ありがとう編
カオスだもんね! 16 モンテ編 (Hyper report comic)
カオスだもんね! 19 プレジャー編
カオスだもんね! 17 台湾編
カオスだもんね! 15 未来編 (Hyper report comic)
カオスだもんね!〈18〉探求編


水口幸広によるレポート漫画の第5巻。

天然氷によるかき氷、横須賀港クルーズ、サービスエリアのB級グルメめぐり、ドローン、球型防災シェルターなど、マニアックだったり普段見ることが少ないものの取材が描かれている。

著者によるオリジナル漫画では「ボルナッス」、「干支セトラン」、「○○Boy瞬」が扱われていて、「干支セトラン」では著者が苦手とする萌えを学習しながらキャラクターを製作している過程が見られるのが楽しい。

2年ぶりに開催された「ケンちゃんの肝だめし」や過去の名言を振り返る回、CM製作の回などでは特に、著者、シャクライ氏、アカザー氏によるしょうもない言いあいがカオスらしさを存分に出していて、読んでいて大笑いしてしまった。

いつの間にかパソコンが苦手だったはずの著者がタブレットで作画をしていたり、久しぶりに登場したシャクライ氏の奥さんが思っていたよりも気さくな感じなことに驚いたりと、読み続ける中での変化も感じることができる。

他の巻と比較すると企画内容が少し盛り上がりに欠けているような気がしないでもないが、楽しく読むことができた。
そしてこのところ続編が出ていないようなので、出ることを待ち望んでいる。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 水口幸広,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック