『ゲーテに学ぶ賢者の知恵』:雨読夜話

ここでは、「『ゲーテに学ぶ賢者の知恵』」 に関する記事を紹介しています。
ゲーテに学ぶ賢者の知恵 (だいわ文庫)
ゲーテに学ぶ賢者の知恵 (だいわ文庫)
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (著), 適菜 収 (編集)
大和書房 2011-12-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体 (講談社+α新書)
キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』 (講談社+α新書)
死ぬ前に後悔しない読書術
ゲーテとの対話 上 (岩波文庫 赤 409-1)
バカを治す (フォレスト2545新書)
ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒 (講談社+α新書)
世界一退屈な授業 (星海社新書)
ゲーテ格言集 (新潮文庫)
現代日本バカ図鑑
いたこニーチェ (朝日文庫)


ゲーテが遺した言葉を紹介し、対人関係、成功、仕事、知性などのジャンルに分けて解説している作品。

対人関係では礼儀正しさを説く一方でバカや二流の人、いがみ合ってしまう人などとは距離を置くなど、変に理想的なことを語らずにそのまま実行できそうなことが書かれていて、納得しやすい。

また、未来や過去にこだわるよりもまずは現在に注力すること、そのためにも焦りや後悔はほどほどにすることもなるほどと思う。

そして哲学のような頭で考える学問も、自然科学のような実証が重要な学問も高いレベルで修めていただけあり、書物や宗教をリスペクトしすぎてはいけないことが書かれていて、当時もそうした傾向のある人に悩まされたのではないかと感じた。

あくまでも前向きかつ説得力のある言葉が多く、いろいろと考えながら読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック