『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』:雨読夜話

ここでは、「『金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか』」 に関する記事を紹介しています。
金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
吉本 佳生
光文社 2005-05-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
金融商品にだまされるな!
臆病者のための株入門 (文春新書)
確率・統計でわかる「金融リスク」のからくり (ブルーバックス)
金融工学の悪魔―騙されないためのデリバティブとポートフォリオの理論・入門
ニュースと円相場で学ぶ経済学 (日経ビジネス人文庫)
金融機関のカモにならない! おカネの練習問題50
ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで (幻冬舎新書)
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社+α文庫)


銀行や証券会社などの金融機関が出している広告には、知識や調べる意欲がない人から手数料をぼったくるものが多く、その手口とだまされないためのポイントを解説している作品。

手を出してはいけない金融商品にはどのような広告が掲載されているかを確認してみようと思って読んだ。

外貨預金、為替や株式の価格に関する条項がついた債券、変動個人年金保険、テーマ別の投資信託、ファンド・オブ・ファンズ、ヘッジファンドと、一見安全そうなものから何となく金融工学を駆使したすごそうな印象のあるものまで、さまざまな金融商品の広告が扱われている。
現在では、ラップ口座などもそれに入ると思う。

それらについて、為替や株価の変動による条項、さまざまなところでかかる手数料、換金したいときにできない流動性の問題、インフレの脅威など、広告に書かれている内容からどのような問題があるかが具体的に解説されている。

仕組みが複雑で理解しづらい金融商品は手数料が分かりにくい形で高額になっていたり、購入者に不利で金融機関が儲かる条項が入っている場合が多いなど、うかつに手を出してはいけないことが分かってくる。

また、小さい文字で書かれている記述はきちんと読まなければならないこと、元本確保でかつ値上がりが期待できる金融商品はまず疑ってかかる必要があることなども伝わってくる。

そして、以下のような金融商品が分かりやすいので基本とすべきだという話は納得しやすい。
  • 普通預金
  • 個人向け国債
  • アメリカ国債
  • ETF(上場投資信託)
  • FXをあまりレバレッジをかけずに行う
  • 掛け捨ての保険

本書で扱われている広告はカモになりそうな人を選別して引き寄せる効果があるという旨のことが書かれていて、なるほどと思った。

それにしても、金融機関ではさまざまな商品が開発されるものだと改めて驚かされる。
新書にしてはけっこう分厚いが、それだけの内容が書かれていると思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック