『自分の心をみつけるゲーテの言葉』:雨読夜話

ここでは、「『自分の心をみつけるゲーテの言葉』」 に関する記事を紹介しています。
自分の心をみつけるゲーテの言葉 (コスモ文庫)
自分の心をみつけるゲーテの言葉 (コスモ文庫)
一校舎比較文化研究会
永岡書店 2007-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ゲーテ格言集 (新潮文庫)
ゲーテに学ぶ賢者の知恵 (だいわ文庫)
ゲーテさんこんばんは (集英社文庫)
ゲーテ詩集 (新潮文庫)
ゲゲゲのゲーテ (双葉新書)
若きウェルテルの悩み (新潮文庫)
ギリシア・ローマ名言集 (岩波文庫)
ゲーテとの対話 (まんがで読破)
ゲーテに学ぶ 賢者の知恵
ゲーテのコトバ (ゲーテビジネス新書)


ゲーテの言葉を1つ当たり見開き2ページで紹介・解説している作品。

序盤にゲーテの人生を概説しているくだりが入っていて、多くの分野で業績を残しただけでなく、さまざまな女性を愛し、実際に行動にも移してきたエネルギッシュな人物だということが分かった。

書かれている言葉の中では、望まない経験こそが経験だというくだりが最も印象に残った。
単純に好きなことや関心があるだけのことだと、経験としてはどうしても望まなかった経験よりもインパクトが弱そうだというのは何となく理解できる。

また、迷いや誤りをするから人間は愛すべき存在だということや、「したいけどできない」ことと「できるけどしたくない」ことの違い、努力が限界を知ることで報われる面があることなどの言葉も味わい深い。

先日読んだ『ゲーテに学ぶ賢者の知恵』に続けて本書を読んだわけで、もう少しゲーテに関する本を読んでみるつもりである。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック