『げんきな日本論』:雨読夜話

ここでは、「『げんきな日本論』」 に関する記事を紹介しています。
げんきな日本論 (講談社現代新書)
げんきな日本論 (講談社現代新書)
橋爪 大三郎 大澤 真幸
講談社 2016-10-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか (朝日新書)
ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)
古市くん、社会学を学び直しなさい!! (光文社新書)
世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン (講談社+α新書)
社会学講義 (ちくま新書)
ゆかいな仏教 (サンガ新書)
人類の衝突 思想、宗教、精神文化からみる人類社会の展望
財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 (講談社+α新書)
大国の掟―「歴史×地理」で解きほぐす (NHK出版新書 502)
可能なる革命 (atプラス叢書)


社会学者2人による、社会学の方法を用いて日本史の特性を語り合った対談本。

社会学の手法、欧米の歴史におけるモデル、中国史のモデルなどと比較し、日本でこれらのモデルでは説明できないことが多く、どのような行動原理でそのようになっていたかを対談しながら推定していく。

文字やイエ制度のように関心が薄かったり予備知識をあまり持っていなかったりしてちょっと読みにくいくだりも少しあったが、一般的な歴史読み物では出てこない話がいくつもでてくるので、知的な刺激を楽しむことができる。

扱われているのは土器、古墳、天皇、仏教、律令、ひらがなとカタカナ、荘園、摂関政治、武士、幕府、一揆、朱子学などで、他国から伝わったり似た制度があっても日本ではかなり異なった概念になっていたり使われ方が独特だったりしたことが伝わってくる。

他の地域では農業が伝わってから定住という流れなのが、日本では狩猟・採集生活を行っていた頃から定住していたために土器が世界で最も古くから使用されていたり、中国では「天」という概念があったのに対して日本では「神」までしかなかったので正当性の確保に苦心したこと、古代における余剰の労働力が城壁に使用されなかったために巨大古墳が造られたなどの話がなされていく。

全体を通すと、他国から取り入れた思想や文化のピンとこない部分をどのようにするかでさまざまな方法が生まれ、全体的な整合性や正統性で怪しい部分がありながらも、だましだましそれなりにうまく運営しているいう流れになっているということが語られているのが面白い。

かなり中身の濃い対談となっていて、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック