『経済は世界史から学べ!』:雨読夜話

ここでは、「『経済は世界史から学べ!』」 に関する記事を紹介しています。
経済は世界史から学べ!
経済は世界史から学べ!
茂木 誠
ダイヤモンド社 2013-11-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
世界史で学べ! 地政学
世界のしくみが見える世界史講義 (Knock‐the‐Knowing)
ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)
4日間集中講座 世界史を動かした思想家たちの格闘~ソクラテスからニーチェまで~
ニュースがよくわかる! 日本人の武器としての世界史講座
学校では教えてくれない地政学の授業
図説・ゼロからわかる 三大宗教の読み方
仕事に効く 教養としての「世界史」
ひと目でわかる 茂木誠の世界史ノート
お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」


駿台予備校で人気の世界史講師による、世界史の事件から経済のさまざまな要素を解説している作品。

売れ行きが良さそうなことから中古で500円を切ったら購入しようと考えていて、先日ブックオフに360円で販売されていたので購入した。

通貨、貿易、金融、財政と章立てがなされていて、ナポレオン戦争、アヘン戦争、アメリカ独立戦争、第一次・第二次世界大戦、江戸時代や戦後の経済政策など、世界史で学んだことがある事柄を用いて分かりやすく解説されていて、新たな歴史的視点を持つことができる。

自由貿易と保護貿易、緊縮財政と積極財政、バブルの発生と崩壊、為替レートや物価の上昇と下落、主導権を持った国が横暴なことをすると何が起こるかなど、示唆に富む内容となっている。

戦前の日本では高橋是清による経済政策が成果を上げていたことは知っていたが、ドイツではシャハトという人物がワイマール政権、ナチス政権の両方で経済政策で結果を出したことが印象に残る。
2人がそれぞれ暗殺、失脚によっていなくなったことで国家が戦争による滅亡に突き進んでいったことを考えると、陸軍の青年将校たちと扇動した者たちの罪は重い。

日本の江戸時代では荻原重秀や田沼意次のような現実的な経済政策をした人物が汚職のイメージがあって評判が悪く、新井白石、松平定信、水野忠邦のような頭でっかちな感じの緊縮財政派が歴史書でわりと評判がいいようなのは、朱子学の影響かもしれないと感じた。
現代の日本でも財政再建のために増税が必要との議論がしばしばなされるが、財務官僚はともかくとして現在それをやるには深刻なダメージが大きいのでやめてほしい。

思っていた以上に興味深い内容だったので、もっと早く読んでいたとしても高いとは感じなかっただろう。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
経済は世界史から学べ!作者: 茂木 誠出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/11/22メディア: 単行本(ソフトカバー) 現在の経済ニュースに関係する世界史の知識を解説した本。 Amazonの紹介などでは、「経済を理解するための世界史」というトーンで紹介されているが、経済に関する部分の解説は不十分・不正確。 世界史部分の解説は面白いので、本書は経済の本ではなく、歴史の本と...
2017/02/20(月) | 本読みの記録