『長期投資のワナ - ほったらかし投資では儲かりっこない』:雨読夜話

ここでは、「『長期投資のワナ - ほったらかし投資では儲かりっこない』」 に関する記事を紹介しています。
長期投資のワナ ~ほったらかし投資では儲かりっこない
長期投資のワナ ~ほったらかし投資では儲かりっこない
中野 晴啓
宝島社 2016-05-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人 (講談社+α新書)
マイナス金利にも負けない究極の分散投資術
ものぐさ投資術 (PHPビジネス新書)
投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書)
図解 お金持ち入門 (お金のきほん)
一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門
211年の歴史が生んだ ピクテ式投資セオリー
30代でも定年後でもほったらかしで3000万円! 投資信託はこうして買いなさい
最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!
不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの


セゾン投信の社長による、長期投資や投資信託の利用について誤解されている点や、金融機関によってミスリードされていると思われること、あるべき長期投資などについて語っている作品。

個別株で購入したままほったらかしにせずに現在の企業価値で投資し続けるのがいいか定期的に検討することの重要性や、投資信託が金融機関によって安易な手数料稼ぎやダメな株式の受け入れ先として利用されてきた不幸な歴史、そしてあるべき投資信託の形としてセゾン投信を立ち上げた話などをしている。

金融機関による投資信託に関する顧客に対する不誠実な扱いについては、うなずける部分が多い。

そして投資信託ではインデックス投資とアクティブ投資の2つに大別されるが、どちらがいいかは神学論争の観を呈しているとしながらも、証券会社などが販売するコストの安いインデックスファンドはコストが高いアクティブファンドの利益に支えられているとして、あまり好意的でないことが伝わってくる。

ETFに使用されるインデックスの指標に有効性が怪しいものが多かったり、取引高が小さくて流動性に問題があるものがあったりということを語っていて、できればインデックスファンドではなくアクティブファンドの方を選んでほしいというポジショントークが見えてしまう。
気持ちは分からないでもないが、投資する側としてはコストも含めてシビアに判断するだけのことである。

消費者のためになる投資信託が多数販売されていい形でお金が回るようになってほしいという著者の思いが伝わってきて、ある程度は興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック