『気弱な人が成功する株式投資』:雨読夜話

ここでは、「『気弱な人が成功する株式投資』」 に関する記事を紹介しています。
気弱な人が成功する株式投資(祥伝社新書)
気弱な人が成功する株式投資(祥伝社新書)
岩崎日出俊
祥伝社 2014-02-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
なぜあなたは株・投信で失敗するのか (日経ビジネス人文庫)
不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの
株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール -バイ・アンド・ホールドを超えて (日経ビジネス人文庫)
残酷な20年後の世界を見据えて働くということ
自分年金をつくる――今からでも遅くない! (ベスト新書)
ほんとうの株のしくみ (PHP文庫)
サバイバルとしての金融―株価とは何か・企業買収は悪いことか (祥伝社新書)
株式投資これだけ心得帖 文庫増補版 (日経ビジネス人文庫)
いつも出遅れる人の株講座 (中公新書ラクレ)
大化け株(テンバガー)サイクル投資術 -暴落時に判別できる「伸びる会社・伸びない会社」-


アメリカの投資銀行に勤めていたことのある人物による、個別株をメインとした株式投資の方法を語った作品。

バフェット、グレアム、フィッシャー、ケインズ、是川銀蔵など東西の有名な投資家の例を挙げつつ、多くの情報の中から確かだと思う情報を選択してから長期投資、ミスと分かったら損切りする形での投資方法を語っている。

「気弱な人が成功する」とあるようにシンプルな形での方法が書かれているが、上に挙げた投資家たちも大きな失敗を何度もやっているわけで、凡人はなおさら失敗する確率が高いわけで、必ずしもやりやすいとは言えないと感じた。

こうした意見も織り込んでいるのか、企業の選択が難しかったり、分散することを重視するのであればインデックスファンドやETFの利用も勧めている。
特に日本の投資家はもう少しETFを活用してもいいのではないかと書かれていて、信託報酬と流動性を考慮しての利用をすることになる。

即効性のある情報はあまりないような気もしたが、個別株投資を行う上で重要な考え方がいくつも書かれ、参考になった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック