『今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の"37のルール"』:雨読夜話

ここでは、「『今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の"37のルール"』」 に関する記事を紹介しています。
今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の"37のルール" (PHPビジネス新書)
今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の菅下 清廣
PHP研究所 2013-05-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
一生お金に困らない「未来予測」の技術 (PHPビジネス新書)
ゼロから富を作る技術
大富豪だけが知っている「金の坐」の法則
10年後に差が出る! 富を作るために「お金」と「経済」を学びなさい
第4次産業革命で一人勝ちする日本株 (【2017年上半期版】資産はこの「黄金株」で殖やしなさい)
2020年までにお金持ちになる逆転株の見つけ方 (青春新書プレイブックス)
これから3年でお金持ちになる株式投資超入門
人生をアップトレンドに乗せる方法 スガシタ式「心・技・体」を磨く
【2016-2017】資産はこの黄金株で殖やしなさい vol.2:金融相場で勝ち残るスガシタ流最強投資戦略
歴史から学ぶお金の「未来予測」


「経済の千里眼」と呼ばれる投資家・コンサルタントによる、お金に困らない人生を送るための考え方や行動について、37の項目としてアドバイスしている作品。

孟子の「恒産なくして恒心なし」(一定の資産や収入がなければ気持ちも落ち着かない)という言葉を用い、まずは年収の3年分を貯めることで気持ちに余裕ができるとしていて、それはそうだと思う。

そして節約するのはいいが、食事を安く済ませようとして健康をおろそかにしてしまう人があまりに多いことを指摘し、食事に気をつけること、体調不良の兆候が出たらすぐに休養を取ること、と、お金を貯める前に健康であることがいかに重要かを語っているのも納得できる。

他にも消費するものにめりはりをつけることや、他人のためにお金を使うことがいい結果をもたらすこと、本を読んだり映画を見るなど多くの情報に接することでインスピレーションを得やすくするなど、もっともな話が多い。

そして「お金持ちがしていること」はやり方が分からなかったりして必ずしもできるとは限らないが、「お金持ちがしないこと」は内容がはっきりしているので、ある程度は努力できそうに思える。
例えばたばこ、メタボ、お酒、ギャンブルなどがそれに当たり、確かにポジティブな要素は少ない。

傷を負わないと分からないこともあるので何度もチャレンジしてかすり傷を負うことは重要だが、致命的な傷を負わないようにすべきだという話も印象に残る。

正直あまり期待せずに読み始めたが、思った以上に響く内容が書かれていて参考になった。
著者のこれまでの来歴を語りながら話をしているので、伝わりやすかったということもあるのだと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック