『荒野のグルメ (1)』:雨読夜話

ここでは、「『荒野のグルメ (1)』」 に関する記事を紹介しています。
荒野のグルメ (1) (ニチブンコミックス)
荒野のグルメ (1) (ニチブンコミックス)
久住 昌之 (著), 土山 しげる (著, イラスト)
日本文芸社 2015-04-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
荒野のグルメ(2) (ニチブンコミックス)
荒野のグルメ ( 3) (ニチブンコミックス)
漫画版 野武士のグルメ 2nd
〆のグルメ (アクションコミックス)
勤番グルメ ブシメシ! おかわり (SPコミックス)
漫画版 野武士のグルメ
勤番グルメ ブシメシ! (SPコミックス)
食の軍師 (4) (ニチブンコミックス)
流浪のグルメ 東北めし
食の軍師(5) (ニチブンコミックス)


『孤独のグルメ』の原作者でもある久住昌之によるグルメ漫画。

商社の課長である東森(48歳)が、仕事でストレスを抱える都会という荒野にオアシスとして見出した行きつけの小料理屋「よし野」で酒と料理を楽しむというシンプルな構造だが、もつ焼き、湯豆腐、おでん、カツサンドなど、料理が実にうまそうに描写されている。

おでんの回などでは読んでおでんを食べに行きたくなったが、近くだとどこの店がおいしいのか分からないのと、読んだのが深夜だったこともあって断念したくらいである。

もつ焼きの回でも、九州では出す店が少ないが東京ではよく食べたやきとん(串に刺したもつ焼き)が出てきたので、久しぶりに食べたくなったりもした。

漫画でも飯テロ効果があり、雰囲気を楽しむことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック