『ダンジョン飯 1巻』:雨読夜話

ここでは、「『ダンジョン飯 1巻』」 に関する記事を紹介しています。
ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
九井 諒子
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-01-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)
ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)
ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)
ひきだしにテラリウム
竜の学校は山の上 九井諒子作品集
九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)
ハクメイとミコチ 2巻 (ビームコミックス)
ハクメイとミコチ 3巻 (ビームコミックス)


RPGの世界で、ダンジョンに出てくるモンスターを料理して食べる漫画。

あるパーティが竜に敗れ、魔法によってなんとかダンジョンから脱出できたものの、勇者の妹である僧侶が竜に食べられて戻れなかった上に2人がパーティから脱退し、勇者の他にはエルフとライトフット(盗賊?)の2人だけになる。
(RPGの世界なので、死んでも魔法で復活はできる)

僧侶を救いに行こうとするが所持金不足で食料を用意する余裕がなく、モンスターを食用にすることに以前から関心を持っていた勇者はダンジョン内での食料調達を提案し、当然反対はされたが他にいい案がないことと、モンスターの料理を得意とするトロールと出会ったことで、行く先々でモンスターを倒して料理していく。

歩くキノコ、バジリスク(鶏と蛇が合成した化け物)、マンドレイク(根っこが人間に似た形をしていて引き抜かれるとのろいを叫ぶ植物)、大コウモリなどを用い、無駄に詳しいレシピも掲載されている。

分かりやすいモンスターから、さまよう鎧のように衝撃を受けるものまでさまざまなモンスターが登場し、コメディタッチのストーリー展開もあって気軽に読むことができる。
ただし当然ながら、『孤独のグルメ』のような飯テロ効果はない。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック