『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰』:雨読夜話

ここでは、「『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰』」 に関する記事を紹介しています。
覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)
覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)
池田貴将
サンクチュアリ出版 2013-05-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
吉田松陰 「人を動かす天才」の言葉: 志を立てることから、すべては始まる (知的生きかた文庫)
人間力の磨き方
吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫)
吉田松陰
未来記憶
[新訳]留魂録
生きてるうちに、さよならを (集英社文庫)
この選択が未来をつくる―最速で最高の結果が出る「優先順位」の見つけ方
動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)
超訳 吉田松陰語録ー運命を動かせ


吉田松陰の言葉を現代語で超訳したものを、1つ当たり1ページあるいは2ページで176項目で構成している作品。
勇気を持って行動することの大切さを説いた言葉が多い。

そもそも吉田松陰の著書を読んだことがなくてどのような本があり、原文でどのような言葉があるのかも知らないのだが、そのあたりの原典や原文の補足が全くない。
そのため、松陰の言葉がどのていどのニュアンスで伝えられているのかが分からないのがまず大きな問題だと感じた。

文章の内容から著者(池田氏)が前面に出てきて語っているのではないかと思われる言葉も散見され、松陰の看板を使って話をしているような感じはあまり好感を持てなかった。

なんとなく心に響かず、途中から斜め読みになってしまった。
少し前に読んだ『自分を敬え。超訳・自助論』と同じくらい期待はずれな本で、少なくとも自分には合わなかった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック