『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史』:雨読夜話

ここでは、「『ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史』」 に関する記事を紹介しています。
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史
デヴィッド・クリスチャン シンシア・ストークス・ブラウン クレイグ・ベンジャミン 長沼 毅
明石書店 2016-11-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
失われた時を求めて フランスコミック版 スワン家のほうへ
ビッグヒストリー入門-科学の力で読み解く世界史-
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
いま世界の哲学者が考えていること
Big Book おおきなかぶ
Big Book うらしまたろう
正倉院宝物: 181点鑑賞ガイド (とんぼの本)
Big History: Between Nothing and Everything
Big History: Examines Our Past, Explains Our Present, Imagines Our Future


宇宙の成立から、銀河→太陽系→地球→生物の発生・・・といったあたりから、人類の発生→農耕の発生→社会の変化など、大きなスケールでの歴史を一通りまとめている歴史書。

自然科学や社会科学の分野だけでなく、昔は世界や宇宙についてはこのように考えられていた、という神話や伝承に関する話も紹介されていて、実に幅広い内容となっている。

また、多くの写真やカラーグラビア、図解などもふんだんに用いられているので、眺めていくだけでも概略を知ることができる。

このようにボリュームと読み応えがありすぎるので、初めから熟読していくのは少し疲れるかもしれない。
まずは書かれている見出しを一通り眺めて進んでいくだけでもそれなりに時間をかけることができるし、大まかな流れがつかみやすいと思う。

理科や社会の授業で習っていたはずの話がかなりの深さにまで掘り下げて書かれているので、これまでの知識の確認、研究の進歩による新たな知識の獲得、思い違いの修正など、多くの結果を得ることができる1冊となっている。

繰り返して読んでいくことで、より得られる知見は増えていくものと考える。





ビッグヒストリー入門-科学の力で読み解く世界史-ビッグヒストリー入門-科学の力で読み解く世界史-

デヴィッド・クリスチャン (著), 渡辺 政隆 (編集, 翻訳)
WAVE出版 2015-10-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

137億年の物語―宇宙が始まってから今日までの全歴史137億年の物語―宇宙が始まってから今日までの全歴史

クリストファー ロイド (著), 野中 香方子 (翻訳)
文藝春秋 2012-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック