『世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由』:雨読夜話

ここでは、「『世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由』」 に関する記事を紹介しています。
世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由
世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由
松本 大 (著), マネックス証券株式会社 (監修)
東洋経済新報社 2013-11-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「お金の流れ」はこう変わった! 松本大のお金の新法則
MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法
上昇する米国経済に乗って儲ける法 (株高&ドル高 ダブルで殖やす)
日本の億万投資家名鑑 (日経ホームマガジン)
米国株四半期速報2017年新年号
日本人が知らなかった海外投資 米国株 アメリカをゲートウェイに世界中の成長市場に賭ける
お金という人生の呪縛について
週刊東洋経済 2017年1/21号 [雑誌](トランプ相場に乗れ! 株高はこれからが本番だ)
日経マネー(ニッケイマネー)2017年3月号
米国会社四季報2016年春夏号[雑誌]


マネックス証券の社長による、米国株投資のすすめ。
メインで利用している証券会社ということもあり、読んでみた。

米国株投資を勧める理由としては、米国経済が長期的に最も有望なことと、円安ドル高による円建て資産の実質価値の低下リスクへの備えという2つの方向から書かれている。

そして米国株を購入する方法としては下記の4種類を上げていて、立場上当然ながら4番目を勧める流れとなっている
  1. 国内の株式市場に上場している米国企業の株を購入する(少ない)
  2. 米国株を組み入れた投資信託を購入する
  3. 米国企業の日本法人の株式を購入する
  4. 国内あるいは海外の証券会社を通じて、米国株を購入する
この選択肢の立て方は偏っていて、例えば
  • 国内の株式市場に上場している米国株式のETFを購入する
のような選択があるのに挙げていない辺りは恣意的だと思う。
(ETFも投資信託に含むという言い訳はできるが)

当然ながら米国株には為替リスクと値動きのリスクがあるわけだが、前者に対しては米ドルのまま投資を続けること、後者に対しては米ドル建てのゼロ・クーポン債と組み合わせることでリスクヘッジする方法が紹介されていて、ここは参考になる。

インデックス投資か個別株投資かという話では後者に妙味があるようなことが書かれているが、研究に時間をかけるほどのやる気もないので、私は前者で問題ないと思っている。
(日本株でさえ銘柄選びができているとは言えないのに、米国株の銘柄選びなんて面倒と感じる)

本書では書かれていないが、東京証券取引所には米国株式のインデックスに連動するETFが複数上場されている。
取引数や種類が少ないという弱点はあるものの、手数料や信託報酬が比較的安いものが多く、円建てで損益が分かりやすいのは大きな魅力である。
それで、昨年から今年にかけて以下の3種類を少しだけ購入している。
  • SPDR S&P500 ETF(1557)
  • iシェアーズ エマージング株ETF(1582)
  • iシェアーズ 米国小型株ETF(1588)
この3つはニューヨーク証券取引所でも(おそらく)上場されていて、本書に書かれている時点でのETFの取引数ランキングでそれぞれ1位、2位、6位に該当しているようだったので、そう悪い選択でもなかったのだろうと勇気付けられた。

すぐに実行に移すかといえば上記の理由からしないが、マネックス証券で米国株を取り引きする手続きが丁寧に書かれているので、関心のある人には役立つ内容だろうと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック