『成毛眞の超訳・君主論 - 人間の本質を見抜き、運命を味方につける方法!』:雨読夜話

ここでは、「『成毛眞の超訳・君主論 - 人間の本質を見抜き、運命を味方につける方法!』」 に関する記事を紹介しています。
成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)
成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)
成毛眞
メディアファクトリー 2011-12-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
社長のためのマキアヴェリ入門 (中公文庫)
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ (知的生きかた文庫)
大人げない大人になれ!
勉強上手
大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)
本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)
情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)
AI時代の人生戦略 (SB新書)
この古典が仕事に効く! (青春新書インテリジェンス)


元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞による、マキャベリの『君主論』の内容を自分なりに解釈し、社長としてどのように活用したかを語っている作品。
他の著作にもあるような、実も蓋もない率直な語り口で書かれている。

例えばマキャベリが失脚して山に隠棲していた時期に友人への手紙で「運命の神が私を苦しめる云々・・・」と書かれていたことについて、リストラされた中年男性が居酒屋でクダを巻いているのに近いと評しているところなどは笑ってしまった。

著者が社長に任命されて早々に副社長に解雇を言い渡したり、部下たちから「殿」と呼ばれたり、役員とではなくその下の部長クラスと飲みに行くようにしていたなど、いかに『君主論』の内容を解釈して実践していたかというエピソードは具体的で興味深い。

リーダーになろうとすると嫌われることは避けられず、これを割り切ってしまえばかえって行動しやすくなることや、ケチと言われたり怖がられることは必然に近いことが書かれていて、確かにそうなのだろうと思わされる。

中には著者が『君主論』の内容に意義を唱えているところもあり、これは恩を受けることの是非についてである。
『君主論』では「タダほど高いものはない」という意味のことが書かれているが、著者はおごった相手のことを忘れにくいことを逆手に取り、自分のことを覚えてもらうためのテクニックとして積極的に恩を受けたことを書いている。
これはお返しができてその意思がある人が実行するのはいいが、そうでない人はやらないほうがいいと感じた。

『君主論』はリーダーとしてだけでなく、対人テクニックの本として現代でも十分活用できるとしていて、活用するかしないかは別として知っておいて損はない内容だと再認識できる。

少しくせのある内容だが、まずまず興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 成毛眞, マキャベリ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック