『「街道」で読み解く日本史の謎』:雨読夜話

ここでは、「『「街道」で読み解く日本史の謎』」 に関する記事を紹介しています。
「街道」で読み解く日本史の謎 (PHP文庫)
「街道」で読み解く日本史の謎 (PHP文庫)
安藤 優一郎
PHP研究所 2016-11-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
徳川がつくった先進国日本 (文春文庫)
真「日本戦史」 (宝島SUGOI文庫)
日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス)
戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本 (じっぴコンパクト新書)
「幕末維新」の不都合な真実 (PHP文庫)
江戸三百藩の家計簿 (別冊宝島 2527)
江戸の備忘録 (文春文庫)
幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版 (ちくま文庫)
日本の街道ハンドブック―「旅ゆけば心たのしき」街道小事典
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)


街道という切り口から日本史における出来事の背景を、20章にわたって解説している作品。
東海道や中山道といった比較的有名な街道から、下田街道や秋葉街道、伊那街道といったローカルな感じがする街道に至るまで多くの街道が幅広く扱われている。

信長、秀吉、家康をはじめとした戦国大名による合戦や江戸時代での交易や観光、明治時代における近代国家建設といった話との関連が分かりやすく書かれていて、興味深く読み進んでいくことができる。
特に下記の話はあまり知らなかったので、特に面白かった。
  • 江戸時代における箱根の関所は厳重なイメージがあるが、旅行者の激増によって厳しい検問ができなくなっていった
  • 伊豆半島南端の下田は江戸時代に港町として栄え、幕府の役人が往来するために天城越えをする下田街道が利用されていた
  • 駿河と相模の間は足柄ルートがメインだったが、富士山の噴火に遭ったことをきっかけに箱根ルートがメインになった
  • 秋葉原の地名は、火伏の神を祀っている遠江の秋葉神社に由来する
  • 中馬(ちゅうま)と呼ばれる、江戸幕府の認可を受けていない運送業者が伊那街道で活動していて、幕府もその影響力を認めざるを得なかった
街道というタイトルからは司馬遼太郎の『街道をゆく』シリーズを連想するが、タイトルを見る限りでは本書で扱われている街道と必ずしも重なっておらず、それぞれ別で楽しめそうである。

読者が楽しめそうな街道のネタは他にも少なくとも1冊分くらいはあると思うので、続編が出ることも期待したい。
また、著者の本は初めてだと思うので、他にも何冊か読んでみようと考えている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック