『『養生訓』 病気にならない98の習慣』:雨読夜話

ここでは、「『『養生訓』 病気にならない98の習慣』」 に関する記事を紹介しています。
『養生訓』 病気にならない98の習慣 (日経プレミアシリーズ)『養生訓』 病気にならない98の習慣 (日経プレミアシリーズ)

周東 寛 造事務所
日本経済新聞出版社 2013-08-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


江戸時代における黒田藩の儒学者だった貝原益軒が書いた『養生訓』から98の言葉を抄訳し、現在の医学の観点から解説している作品。
著者は台湾出身の医師で、1項目当たり見開き2ページの構成になっているので読みやすい。

まず、胃腸などの消化器を労わることが重要で食べすぎ、飲みすぎ、寝る前の食事、刺激物などを避け、温かくて消化のいいものを食べることを勧めているのは理にかなっている。
ただし陰陽五行説による食物の分類が現在から見ると少し怪しかったり、食品の保存技術が発達していなかったことによる言葉もあったりと、現在では通用しないところもいくつかある。

他にも頭を冷やして身体をほどよく温めること、顔や手足などをマッサージする手法、同じ姿勢を続けることの弊害、歯磨きの重要性など、思っていた以上に現在でも通用する話が多い。
この中では足の指をマッサージしたり正座をしている時に動かして足のしびれをやわらげられるという話が特に参考になったように思う。

単に現代語訳したものを読むまではいかない『養生訓』のエッセンスを知ることができたのが最大の収穫で、そこそこ興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック