『信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた』:雨読夜話

ここでは、「『信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた』」 に関する記事を紹介しています。
信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた (双葉新書)
信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた (双葉新書)
跡部 蛮
双葉社 2011-07-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
信長、秀吉、家康 「捏造された歴史」 (双葉新書)
ここまでわかった! 本能寺の変 (新人物往来社文庫)
秀吉ではなく家康を「天下人」にした黒田官兵衛 (双葉新書)
ここまでわかった! 明智光秀の謎 (新人物文庫)
「本能寺の変」本当の謎
戦国武将の収支決算書
本能寺の変 四二七年目の真実
明智光秀の乱―天正十年六月政変 織田政権の成立と崩壊
明智光秀と本能寺の変 (PHP文庫)
織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!


本能寺の変は元々信長が自作自演である事件を起こそうと企て、実行を命じた腹心の光秀に裏切られたのではないかという見立てで書かれている歴史読み物。

基本的にはいわゆる陰謀説で、朝廷勢力、室町幕府勢力、そして信長政権内にいる協力者などの暗躍を推定していて、荒木村重の謀反が1回目の信長暗殺計画、そして本能寺の変が信長による謀略を逆手に取った2回目の暗殺計画に成功したという構図で描かれている。

著者も参考にしたと書いているように、明智憲三郎著『本能寺の変 427年目の真実』(ということは必然的に続編の『本能寺の変 431年目の真実』も)に近い形での考察がなされていて、著者によってこのように書き方が違うものなのかというところが分かる。

史料によっては本能寺が爆発したことを示唆するものもあるようだが、少し前に読んだ『信長はイエズス会に爆殺され、家康は摩り替えられた』と比較すると、現象は同じでもそれに至る背景はかなり異なった形で捉えることができるのも興味深い。

本能寺の変はタイムマシンでも発明されるようなことでもなければ真相が解明されることはないと思うので、これもまた説のひとつとして楽しめた。

それにしても先日読んだ『秀吉ではなく家康を「天下人」にした黒田官兵衛』と同様に、誤字やケアレスミスの記述があちこちに入っているのはつくづく残念である。
歴史読み物ではしばしば見られるような気もするが、予算的な問題なのか、時間的な問題なのかとちょっと考えてしまった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック