『もうひとつの「孫子の兵法」 孫臏(そんぴん)に学ぶ勝つ極意』:雨読夜話

ここでは、「『もうひとつの「孫子の兵法」 孫臏(そんぴん)に学ぶ勝つ極意』」 に関する記事を紹介しています。
もうひとつの「孫子の兵法」 孫?(そんぴん)に学ぶ勝つ極意 (PHP文庫)
もうひとつの「孫子の兵法」 孫?(そんぴん)に学ぶ勝つ極意 (PHP文庫)
福田 晃市
PHP研究所 2006-08-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
孫〓兵法―もうひとつの『孫子』 (ちくま学芸文庫)
中国の兵法に学ぶビジネスフレームワーク
超要点解説とキーワードでわかる・使える孫子の兵法


一般的に知られる春秋時代・呉の孫武が著したとされる『孫子』ではなく、戦国時代・斉の孫臏(そんぴん)が著したとされる『斉孫子』にある言葉を現代語訳と例を挙げて解説している作品。
1項目当たり見開き2ページで、読み下し文、現代語訳、中国史での例、著者の解説で構成されている。

兵が多いだけでもダメ、物資が豊富なだけでもダメ、装備が充実しているだけでもダメと、場所によっては韻を踏んでリズムが感じられる言葉があったりと、よみやすい文章になっている。

ただ著者の書き方はくせが強く、好き嫌いが分かれるような気がする。
他の人の訳書が多ければ比較しやすくなるので、他の人の作品も読んでみたいところである。

著者の作品は本書で2冊目だが、中国史上における(日本で知名度が低い人も含めた)名将たちが活躍している例を多く挙げているのが面白いので、こちらをメインで1冊くらい書いてほしいと思った。
(書いたけどボツになったとか、売れなかったということはあるかもしれないが・・・)






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 孫子,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック