『アメリカ人の物語 第1巻 青年将校ジョージ・ワシントン』:雨読夜話

ここでは、「『アメリカ人の物語 第1巻 青年将校ジョージ・ワシントン』」 に関する記事を紹介しています。
アメリカ人の物語 第1巻 青年将校ジョージ・ワシントン (アメリカ人の物語 1)アメリカ人の物語 第1巻 青年将校ジョージ・ワシントン (アメリカ人の物語 1)

西川秀和
悠書館 2017-01-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アメリカ合衆国の歴史を、人物の活躍を中心に描いているシリーズの第1作。
本作では初代大統領となるジョージ・ワシントンが独立戦争前の若い頃、将校としてフランスとの戦いを指揮したり、ヴァージニア植民地の代表として活動する話が多く書かれている。
(りんごの木を切ってどうのという話は出てこない)

前半ではオハイオ地方をめぐってのイギリスと、フランス・インディアンの連合軍が戦ったフレンチ・アンド・インディアン戦争が描かれている。

イギリス本国から適性のない将軍が派遣されて戦略ミスを重ねたり、インディアンによるゲリラ戦に翻弄されたり、原生林が多くて行軍に支障をきたすこと、物資の不足などにより、しばしばフランスに敗れるシーンが出てくる。
その後、本国が北米に本腰を入れたこともあって勝利することになるが、ワシントンをはじめとする植民地の人々は本国の軍隊に対する複雑な感情を持つことにもなった。

そして後半では、戦後の戦費負担や税制、植民地政策などをめぐって本国政府と植民地で対立が深まり、度重なる交渉も不調に終わって戦争に至る過程が書かれている。

必ずしも本国は圧政を以て臨んだわけでもなく、負担軽減を狙った政策が植民地の人々から圧政と捉えられることが多かったことや、ワシントンたちもはじめのうちは独立を考えていなかったことも書かれている。
それでも多くの失策や行き違いが重なることで、本国の軍隊と植民地の民兵が衝突する事件が発生し、独立戦争のきっかけとなることが書かれている。

予備知識があまりない状態で読み始めたことと、名前が覚えにくいこともあって初めのうちはなかなか頭に入らなかったが、途中から話に身が入って興味深く読み進めることができた。

人物についてはワシントンとベンジャミン・フランクリンしか知らなかった状態から、アダムズやハンコック、ヘンリーといった人物の活躍が印象に残った。

かなり読み応えのある作品で、アメリカに対する関心が深まった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック