『「四書五経」の名言録―儒教の精神・経営の心』:雨読夜話

ここでは、「『「四書五経」の名言録―儒教の精神・経営の心』」 に関する記事を紹介しています。
「四書五経」の名言録―儒教の精神・経営の心 (日経ビジネス人文庫)
「四書五経」の名言録―儒教の精神・経営の心 (日経ビジネス人文庫)
守屋 洋
日本経済新聞出版社 2010-12-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
リーダーのための中国古典 (日経ビジネス人文庫)
中国古典に学ぶ 人を惹きつけるリーダーの条件(日経ビジネス人文庫)
四書五経一日一言
四書五経入門―中国思想の形成と展開 (平凡社ライブラリー)
「貞観政要」のリーダー学 守成は創業より難し
中国古典「一日一話」 (知的生きかた文庫)
君子を目指せ小人になるな
[新訳]荀子 性悪説を基に現代人にこそ必要な「礼」と「義」を説く
「韓非子」を見よ! (知的生きかた文庫)
将の徳力


儒教の経典として知られる四書五経(『大学』、『中庸』、『論語』、『孟子』、『易経』、『書経』、『詩経』、『春秋』、『礼記』)に収録されている言葉を、経営という観点からどのように活かせるかを語っている作品。

この四書五経は、朱子学によって選択されたものという。
朱子学は儒教の教条主義的な部分が集まった感じがしてあまりいい印象を持っていないが、ある種の整備は必要で、整備されたからこそ現代に伝わったという面もあるのだろう。

経営に絡める性質上、著者が講演などで知り合った経営者のエピソードなど、著者の見聞を語った話が多くなり、エッセイに近い感じとなっている。

それもあってか、著者の作品での悪癖である説教臭さ、具体的には「昔に比べて現代は・・・」という感じで話を締めくくる箇所が多く出てきてうっとうしい。
いい言葉が扱われているだけに、くどくなって効果が薄れているようなのは惜しい。

儒教と経営について書かれた本を読むのならば、渋沢栄一の『現代語訳 論語と算盤』あたりから始めるのがいいと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 守屋洋, 孔子,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック