『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』:雨読夜話

ここでは、「『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』」 に関する記事を紹介しています。
仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。
仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。
毛利 大一郎
幻冬舎 2017-03-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 (PHPビジネス新書)
PRESIDENT (プレジデント) 2017年3/6号(「働き方」全課題60)
マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
鬼速PDCA
「言葉にできる」は武器になる。
シリコンねんどでつくるカラフルアクセサリーキット ガールズスタジオ1 (ガールズスタジオ 1)


仕事にやりがいを感じて取り組んでいる、さまざまな企業で活躍する人10人にインタビューし、仕事に対する考え方や、現在に至るターニングポイントなどを語ってもらっている作品。

テレビのドキュメンタリー番組のような内容となっていて、例えば1代で大企業を築いたような雲の上に感じられる人ではなく、比較的身近というか、かなりの努力をすれば到達できるのかもしれないと思われるくらいの地位の人を多く扱っているようである。

10人のそれぞれの経歴や考え方は当然ながらさまざまで、中には出会った人が良かったからいい結果につながったが、問題のある人に心酔していたらどうなったのだろう?と思ってしまう人もいる。
これは、その人が人を見る目があったということなのだろう。

生きていればいいことも悪いことも起こるわけで、その中で何を考えて次につなげていくかが重要なのだということ、考え方や行動を変えることに熟慮は必要だが恐れてはいけないことなど、考えさせられるポイントが多くあった。

興味深く読み終えることができ、何らかの形で活かすことができそうである。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック