『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』:雨読夜話

ここでは、「『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』」 に関する記事を紹介しています。
仕事が速い人はどんなメールを書いているのか
仕事が速い人はどんなメールを書いているのか
平野 友朗
文響社 2017-03-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
入社1年目からの「絶対達成」入門
マネジャーのロジカルな対話術
世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか
自分を劇的に成長させる! PDCAノート
一発OKが出る資料 簡単につくるコツ: 「説得」「アピール」「プレゼン」「決裁」最強の方法 (単行本)
伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則 (アスカビジネス)
絶対達成バイブル
小さな会社の儲かる整頓
マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方
SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法


メールを書く速度、送信タイミング、タイトルのつけ方、文章の構成、表現など、メールの書き方についていかに効率よくこなし、潤滑にコミュニケーションを図るかという方法を解説している作品。

タイトルを考慮するとメールの処理が早い人は、これらの対応を経験的にできるようになったか、意識してできるようにしてきたかということなのだろう。

普段やりがちなメールの書き方でなおかつ、あまりしない方がいいことがいくつも挙げられていて、ドキッとしてしまうところも多い。

例えば難しいのが、このメールを送信したことで受け取った相手がどのように考えるのか?ということで、送信タイミングやちょっとした書き方で誤解を生む場合が多々あることには気をつけたいと思った。

気を使いすぎて対応してもらえないケース、伝えたいことをストレートに書いてしまったことで関係がこじれた場合と、対面や電話に比べてメールの文だけで伝えようとすると難しいことが分かる。

本書でも少し触れられているが、メールの文章に自信がない場合は電話などでフォローするくらいはしているつもりだったが、本書に書かれていることを参考にしてさらに的確な方法を模索してみる。

参考になるポイントが多く、非常に役立つ1冊だったと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック