『「菜根譚」を読む』:雨読夜話

ここでは、「『「菜根譚」を読む』」 に関する記事を紹介しています。
「菜根譚」を読む
「菜根譚」を読む井原 隆一
プレジデント社 2003-07-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「言志四録」を読む
「小學」を読む (己を修め徳望を磨く古典)


銀行で役員を歴任して多くの企業再建にも関わった人物による、中国の古典である『菜根譚』の言葉から自身の経験とともに生き方などについて語っている作品。

全体的にはいいことを書いていると思うが、著者のことをあまり知らないので少し伝わりづらい部分もある。
親の代に抱えた多額の借金を返済したり、債務超過の企業をいくつも再生させたなどの業績が語られていてすごい人というのは分かるのだが、本人以外の人からの評価を読んだり聞いたりしたことがないためだろう。

例えばSBIホールディングスのCEOである北尾正孝氏の『中国古典からもらった不思議な力』のように、経営者が書いた古典の本という感じは似ているように思う。

『菜根譚』の言葉で特に印象に残ったのは、元々勤勉は道徳のため、倹約は金銭への淡白さによるものというもので、蓄財という観点から捉えることが多かったので驚いた。
他にも労働や生き方について考えさせられる話がしばしばあり、多少は参考になった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック