『警視庁公安部・青山望 国家簒奪』:雨読夜話

ここでは、「『警視庁公安部・青山望 国家簒奪』」 に関する記事を紹介しています。
警視庁公安部・青山望 国家簒奪 (文春文庫)
警視庁公安部・青山望 国家簒奪 (文春文庫)
濱 嘉之
文藝春秋 2017-01-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
院内刑事 (講談社+α文庫)
警視庁情報官 ゴーストマネー (講談社文庫)
警視庁公安部・青山望 聖域侵犯 (文春文庫)
ブラックチェイン: 警視庁公安J (徳間文庫)
連写 TOKAGE 特殊遊撃捜査隊 (朝日文庫)
紅の五星 冷たい狂犬 (角川文庫)
襲撃 (実業之日本社文庫)
警視庁公安部・青山望 頂上決戦 (文春文庫)
ACT2 告発者 警視庁特別潜入捜査班 (講談社文庫)
内通者 (朝日文庫)


警視庁公安部・青山望シリーズの第9作。

名古屋を拠点とする暴力団の若頭が、組で禁止されているはずの覚醒剤を取り引き後に爆殺されるところから話が始まる。
藤中がこの事件を、龍がユーロ建て生命保険にまつわる特殊詐欺事件を追うこととなり、青山と大和田も一連の事件を捜査していくこととなる。

コリアンマフィアとその背後にいるチャイナマフィアの関係、人民解放軍の困窮、ユーロ圏の混乱、各国での政治情勢、警察内部の反社会勢力への内通者の問題など、政治や社会に関する近年の話題を存分に盛り込んでいて、シリアスな話におののきながら読み進んでいくことになる。

オルレという韓国式トレッキングを九州で流行らせようとしていることに不愉快な思いをしたり、ある国の居住者の情報に関して外交上の駆け引きがあったり、度重なる暴露で税金逃れが難しくなった話などが印象に残る。

登場人物では悪役の大物が逮捕されたり殺害されたりして退場して小粒になってきたのが少しつまらないので、新たな悪役を登場させたほうがいいように感じた。
元組長の清水の存在感は安定しているし、青山の情報提供者となっている白谷もキャラが立ってきたので、これからの活躍にも期待できる。

そして、『孤独のグルメ』のような感じで、青山や藤中が出張先で舌鼓を打つ食べ物のシーンも魅力である。

フィクションの形態を取った警鐘を鳴らす作品であり、興味深く読んでいった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 濱嘉之,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック