『元国税調査官が明かす【最強の財テク術】 得する確定拠出年金』:雨読夜話

ここでは、「『元国税調査官が明かす【最強の財テク術】 得する確定拠出年金』」 に関する記事を紹介しています。
元国税調査官が明かす【最強の財テク術】 得する確定拠出年金
元国税調査官が明かす【最強の財テク術】 得する確定拠出年金
大村 大次郎
ビジネス社 2016-09-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
フェラーリはクラウンよりも安かった! 3億円つかってわかった資産のつくり方
オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル
税金を減らしてお金持ちになるすごい! 方法
税務署が咎めない「究極の節税」 (経営者新書)
お金持ちはどうやって資産を残しているのか
フリーランス&個人事業主 確定申告でお金を残す! 元国税調査官のウラ技 第3版
一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門
50歳からの出直し大作戦 (講談社+α新書)
税金の抜け穴 国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」 (角川oneテーマ21)
はじめての確定拠出年金 (日経文庫)


元国税調査官で、税金制度の問題点や節税方法についての著作が多い人物による、確定拠出年金を活用することで税金の控除が可能なことを解説している作品。

著者はまえがきで、普段は政府や税制の悪口を書くことが多いが、確定拠出年金はメリットが大きいので今回はほめるスタンスになっていると書いている。

この制度の知名度も加入者数もそれほどでないのは、政府でも推進する省(負担を減らせる厚労省など)と望ましく考えていない省(税収が減る財務省など)と分かれていることや、金融機関からするとあまり儲からずに利幅の大きい投資信託や保険が売れなくなるためとあり、確かにそうだろうと思った。

本書で印象的なのは、定期預金や保険のような元本確保型の金融商品を利用するだけでも節税メリットがあり、投資信託で殖やすことを狙ってもいいが、元本割れなどのリスクを理解する必要があるというところだった。

他にも国民年金の需給開始時期を遅らせて支給額を増やす手段として、それまでの分を確定拠出年金で賄う方法や、確定拠出年金の対象を保険にして(受給額は少なくなるが)終身で受け取れるようにする方法なども書かれていて、具体的な内容になっている。

少し前に確定拠出年金の拠出を始めたわけだが、より納得のいく利用方法を検討していくつもりである。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック