『「最高のチーム」の作り方』:雨読夜話

ここでは、「『「最高のチーム」の作り方』」 に関する記事を紹介しています。
「最高のチーム」の作り方
「最高のチーム」の作り方
栗山 英樹
ベストセラーズ 2016-12-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
北海道日本ハムファイターズ流 一流の組織であり続ける3つの原則
未徹在
伝える。
日本一よくわかる北海道日本ハム 強さの理由 ―なぜ常勝球団になれたのか
覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考
栗山魂 (14歳の世渡り術)
財界さっぽろ 2017年1月号
別冊カドカワ【総力特集】大谷翔平 (カドカワムック)
北海道日本ハムファイターズ 連覇への挑戦 杉谷拳士監修選手名鑑付(ベースボールサミット第12回)


昨年日本一となった北海道日本ハムファイターズの栗山監督による、2016年シーズンを振り返っての感想などを語っている作品。

ソフトバンクホークスに最大11.5ゲーム差をつけられた状態から怒涛の巻き返しを見せてのリーグ優勝、クライマックスシリーズ突破、引退を発表した黒田博樹のいる広島東洋カープとの日本シリーズと、昨シーズンの要所での試合での出来事とその裏側などが書かれていて、勝つことがいかに大変かということが伝わってくる。

抑え投手だった増井の配置転換、二刀流を続ける大谷翔平の起用法、調子が上がらなかった中田翔の扱いなど、選手たちの話も当然多く出てくるので、選手たちへの関心も高まった。

著者が過去の著作で語っていた言葉を引用して、その後その考えがいかに変わったり変わらなかったりしたのかを率直に語っている部分も多く書かれている。

著者は選手を引退してから解説者やタレントとして活動することが多くて指導者経験がなかったことから、(普通の)監督っぽくならないことを自分に課しているというのが面白い。
吉村GMから「勝ちたがっていませんか?」(勝とうとするあまり野球の魅力についての考えがおろそかになっていませんか?)と聞かれたエピソードからも、球団から求められている役割を果たしているということなのだろう。

大谷を二刀流で起用して成功していたり、他にも奇策と思われる選手起用も多いようで、監督就任時に疑問を持っていた人たちを結果で認めさせてきただけのことはあると感じた。
結果が出ない時期も辛抱強く起用し続けてきた球団も含めての話であり、いい関係が構築できているのだろう。

今年の日本ハムは世代交代や調整の時期に入ってきたのかなかなか結果が出ていないが、巻き返してくるのではないかと考えている。
球団の札幌ドームからの球場移転問題も含め、注目していきたい。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック