『徳川家康大全』:雨読夜話

ここでは、「『徳川家康大全』」 に関する記事を紹介しています。
徳川家康大全
徳川家康大全小和田 哲男
ロングセラーズ 2016-06-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
家康研究の最前線 (歴史新書y)
徳川家康の名言 〜最後に必ず勝つ理由〜
家康の仕事術―徳川家に伝わる徳川四百年の内緒話 (文春文庫)
「戦国大名」失敗の研究【群雄割拠篇】 (PHP文庫)
天下人の父・織田信秀――信長は何を学び、受け継いだのか(祥伝社新書)
徳川がつくった先進国日本 (文春文庫)
徳川家康の人間力
真田信之 父の知略に勝った決断力 (PHP新書)
織田信長の家臣団―派閥と人間関係 (中公新書)
家康 (一)自立篇


家康の事跡について、成功に至った経緯や研究で分かった新事実などを解説している作品。
「大全」とタイトルにつけているだけあって、よく知られた定説だけでなく意外な史実や異説も扱われていて、初めて知る話は非常に興味深い。

例えば、家康と松平一族との関係についてで、清康、広忠、家康に続く家系が松平家の直系とされているが、実は傍系の家系がどこかの時期に本家を乗っ取った可能性や、深溝松平家の家忠が日記である時期まで家康を呼び捨てで書いていたなど、家康の権力は当初絶対的なものではなく相対的なものだったという話が面白い。

家康の代わりになりうる者はいくらでもいた可能性や、家康が源氏とされる徳川姓を名乗るようになったのは高位に就くためだけでなく他の松平一族から差別化するためだったという推測、三河一向一揆や関東への国替えなどを反抗的な一族の排除に利用した疑惑などを考えることができる。

他にも今川家での人質時代に優遇されていた説、妖刀とされる村正への弁護(伊勢で製作されたのなら三河で流通していたのは当然)、三男の秀忠が秀吉存命中から後継者と目されていたことなど話が扱われていて読みごたえがある。

江戸幕府が印象付けた神君でもなく、薩長が流布した腹黒い狸でもない家康を意図して書いた旨のことが書かれているのにも好感が持てる。
家康について最初に読むというよりも、興味を持ってから2冊目以降に読むのに向いているように思っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 徳川家康, 小和田哲男,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック