『怪盗ニック全仕事4』:雨読夜話

ここでは、「『怪盗ニック全仕事4』」 に関する記事を紹介しています。
怪盗ニック全仕事4 (創元推理文庫)
怪盗ニック全仕事4 (創元推理文庫)
エドワード・D・ホック (著), 木村 二郎 (翻訳)
東京創元社 2017-04-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
魔都 (創元推理文庫)
大下宇陀児 楠田匡介: ミステリー・レガシー (光文社文庫)
鮎川哲也探偵小説選
フロスト始末〈下〉 (創元推理文庫)
フロスト始末〈上〉 (創元推理文庫)
蟇屋敷の殺人 (河出文庫)
夜の夢見の川 (12の奇妙な物語) (創元推理文庫)
殺しのディナーにご招待
悪党どものお楽しみ (ちくま文庫)
ソニア・ウェイワードの帰還 (論創海外ミステリ)


エドワード・D・ホックの連作ものである「怪盗ニック」シリーズをまとめた作品集の第4集。

ニックは「価値のないもの」の盗みを2万5000ドルで請け負う泥棒で、このシリーズは「価値のないもの」をなぜ盗む必要があるのか?という謎を解くミステリーでもある。
ニックもしばしば依頼人に「なぜその辺の空き巣を雇わないのか?」と質問し、依頼者が答えたり答えなかったりして、最終的に分かるという展開になっている。

本作では「不可能を朝食前に」をモットーとして「白の女王」の異名を持つ女盗賊のサンドラ・パリスが登場し、ニックと競ったり協力し合ったりして話を盛り上げている。

本作は後期に属する作品なので、ニックの恋人のグロリアはニックの職業を知っていて、アドバイスや調べものをするなど協力するシーンも目立つ。
作品によってはニックとの破局の危機を迎えたり、サンドラに心穏やかでない様子を見せたりもしている。

ニックのいい意味での普通さや上品さと、依頼人にまつわる複雑な事情の対比が話を魅力的にしているのだと思うし、私が以前から読み続けている理由なのだろう。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : エドワード・D・ホック,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック