『40代から悔いなく生きる中国古典の知恵 - どうしても知っておきたい「人生戦略の書」』:雨読夜話

ここでは、「『40代から悔いなく生きる中国古典の知恵 - どうしても知っておきたい「人生戦略の書」』」 に関する記事を紹介しています。
40代から悔いなく生きる中国古典の知恵 (知的生きかた文庫)40代から悔いなく生きる中国古典の知恵 (知的生きかた文庫)

守屋 洋
三笠書房 2011-08-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中国史で活躍したとされる、伝説上の堯舜から元代の耶律楚材にいたる人物にまつわる名言やエピソードを1項目当たり見開き2ページで紹介している作品。

『左伝』、『戦国策』、『史記』、『三国志』、『十八史略』、『宋名臣言行録』といった古典の言葉が引用されていて、思想家っぽい人物よりも政治家や将軍タイプのエピソードが多く扱われている。

例えば『三国志』で権謀術数を用いる悪役のイメージが強い曹操の意外な気さくさや、劉邦や李世民といった皇帝と名臣たちのやりとりなどが興味深い。
特に南北朝時代以降はそれまでと比べて日本で知名度の高い人物が少なそうなこともあり、初めて知る話が多かった。

そこから組織で活躍するための心得などを抽出しているという形で、そういう使い方をするのかと思いながら読んでいった。

たまに「このエピソードは教訓として適切なのか?」というところや、しばしば最後の一文で「それに比べて現代は・・・」という嘆きを入れているのはあまり好感が持てない。
前者は好みが分かれるところだろうが、後者だと読者がこれを読んで「そうだ、頑張らないとな」ということにはならないと思っていて、もう少し効果を考慮してほしいところではある。

この手の本を数十冊読んだこともあるためか、1回読むには興味深いが、再読するほどの内容でもないと感じた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 守屋洋,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック