『宇宙人相場』:雨読夜話

ここでは、「『宇宙人相場』」 に関する記事を紹介しています。
宇宙人相場 (ハヤカワ文庫JA)
宇宙人相場 (ハヤカワ文庫JA)
芝村 裕吏
早川書房 2014-11-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
富士学校まめたん研究分室 (ハヤカワ文庫JA)
この空のまもり (ハヤカワ文庫JA)
猟犬の國
セルフ・クラフト・ワールド 1 (ハヤカワ文庫JA)
セルフ・クラフト・ワールド 2 (ハヤカワ文庫JA)
セルフ・クラフト・ワールド 3 (ハヤカワ文庫JA)
雲英の魔術
マージナル・オペレーション改 02 (星海社FICTIONS)
遙か凍土のカナン7 旅の終わり (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション改 01 (星海社FICTIONS)


35歳男性のオタクである高野という主人公が彼女の父親から半強制的に勧められて投資をすることになり、宇宙人?とのメールをやり取りも発生している小説。

高野はオタク趣味が高じてグッズ会社を経営していたが、婚活を考えていた矢先に妙(たえ)という病弱で少しエキセントリックなところのある女性と知り合い、これまた変わり者の父親から個人投資家としての活動をするように命じられる。
指定された投資手法はデイトレードよりもさらに短期で売買を繰り返すスカルピングというもので、筋がいいのか続けていくことになる。

そして高野が使用する携帯電話のメールアドレスに”金融とは何か?”のように端的に質問をしてくるメールが届くようになり、面白がって返信をしていると、どうやら宇宙人が書いているのでは?という疑惑を持つようになる。
話はリーマンショック前後を扱っていて、何度か市況が荒れるタイミングとメールのタイミングがリンクしているように感じられたことも、高野の疑惑を増していく。

高野と妙、そして妙の両親といった濃い人々のやり取り、高野がしばしばアニメの言葉を使用してしまうこと、そして株式投資の手法や金融についての学習やおさらいをすることができるようにもなっていることなど、ゆるい舞台設定ながら思っていた以上に楽しむことができた。

著者の他の作品にも関心を持ったので、どれか読んでみようと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック