『ついに日本繁栄の時代がやって来た』:雨読夜話

ここでは、「『ついに日本繁栄の時代がやって来た』」 に関する記事を紹介しています。
ついに日本繁栄の時代がやって来た (WAC BUNKO 249)
ついに日本繁栄の時代がやって来た (WAC BUNKO 249)
日下 公人
ワック 2017-01-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「和の国」のかたち: 日本人への遺言PARTII
新しい日本人が日本と世界を変える
世界が再び日本を見倣う日 「トランプ砲」は恐れる必要なし
日本人が知らない洗脳支配の正体 日本を見習えば世界は生き残れる
トランプ幻想に翻弄される日本 :長谷川慶太郎の「投資の王道」
日本は再びアジアの盟主になる ~トランプvs.習近平! 米中激突で漁夫の利を得る日本
日本が果たした人類史に輝く大革命ー「白人の惑星」から「人種平等の惑星」へ
米中開戦 躍進する日本
メディアの敗北 アメリカも日本も“フェイクニュース"だらけ (WAC BUNKO 255)
グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座II


日下公人による、近年の日本におけるポジティブだがマスコミが報道しない変化について語っている作品。

アベノミクスの3本目だか4本目だかの経済成長だが、これは新たに生み出されるものであり、それをあれこれ聞くほうが間違っていると語っているのが著者らしくて面白い。

また、安倍首相が精力的に行っている外交の意義を報じないメディアが多すぎることも印象に残る。
現在北朝鮮にまつわる危機が発生しているわけだが、インドを訪問して北朝鮮との裏取引などを行わないように働きかけることに成功したことなどがあまりテレビや新聞で報道されず、言いがかりに近い森友・加計の話題のような偏向報道を繰り返しているわけで、バランスを取る情報を得るには本書のような本を読まなければならないのは少々不本意な気もする。

(少なくともアメリカが主導する形では)TPPは雲散霧消するのではないかという見立てを披露していて、現在アメリカを除いた11カ国でのTPPについての話し合いがなされていると思うが、それなりに注視している。

景気を良くするにはもっと働くこと(公務員として働くことではない)や、政治が景気に対してできることなんて限られているなど、民間や大衆への信頼が感じられるのも好感が持てる。

著者が日頃の準備ととっさの行動に関して尊敬する人物として平田竹男氏、宮崎正弘氏、安倍首相の3名を挙げていて、それぞれの特徴を語っているのも興味深い。
安倍首相と著作を読んだことがある宮崎氏は多少分かるが、平田氏についてはほとんど知らないので著作などを読んでみようかと思った。

近年の話題を織り交ぜつつ、著者らしい主張が分かりやすい語り口で書かれていて非常に良かったと思う。





新しい日本人が日本と世界を変える新しい日本人が日本と世界を変える

日下 公人
PHP研究所 2016-12-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 日下公人,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック