『お金がいままでの10倍速く貯まる法』:雨読夜話

ここでは、「『お金がいままでの10倍速く貯まる法』」 に関する記事を紹介しています。
お金がいままでの10倍速く貯まる法 (知的生きかた文庫)
お金がいままでの10倍速く貯まる法 (知的生きかた文庫)
午堂 登紀雄
三笠書房 2014-08-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣
33歳で資産3億円をつくった私の方法
やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 だれでも人生を複線化できるお金と時間の仕組み
グーグル検索だけでお金持ちになる方法-貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略
ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!
年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人
「突き抜ける!」時間思考術
お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人
新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識 あなたが貧しくなる理由と40の処方箋 (知恵の森文庫)
僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。


米国公認会計士の資格を持つコンサルタントによる、節約や投資についての手法をあれこれ解説している作品。

のっけから資産運用でお金をかなり稼いでいる話をして少し引いたが、節約や節税に関するテクニックは(人によって合う合わないはあるものの)妥当なものが書かれていると思う。
特に、お金を貯めるには会計よりも税金についての勉強をすることが役立つとしていて、苦手意識が強くてあまり調べない分野なので心に刺さった。

その中でも例えば、生命保険の年間掛け金が8万円以上であれば保険料控除が最大で受けられるので、現在掛けている額がそれより少なければ貯蓄性の生命保険を掛けるのは有効という話が印象に残った。
現在それよりも少ない額だったはずなので、最近売れているらしい明治安田生命の「じぶんの積立」を利用してみようかと検討している。
これは払い込み期間が5年間で満期が10年、満額以上が返ってくるというものなので、かなり心が動いている。

後半では投資についての話がなされていて、株式、外貨、不動産、商品先物取引など幅広く書かれていて、怖いイメージがあるものもレバレッジをあまりかけずに試しにやってみることを勧めている。
投資に対する考え方で合わない部分もあるが、利益を確定することの重要性については確かにそうだと思った。

終盤では自己投資についての話で、著者はものを買う時でもそうだが、売却しての利益や収入増につなげられるかという視点を常に意識することに力を入れて話をしている。

少しくせのある書き方のような気もするが、広く浅くお金に関する役立つ情報が多く書かれていて参考になった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック