『戦国史譚 徳川家康 』:雨読夜話

ここでは、「『戦国史譚 徳川家康 』」 に関する記事を紹介しています。
戦国史譚 徳川家康 (PHP文庫)戦国史譚 徳川家康 (PHP文庫)

戸部 新十郎
PHP研究所 1990-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


歴史作家の戸部新十郎が家康について、出身である松平氏の歴史から家康の前半生までをさまざまな史料とともに考察・解説している作品。

三河の山間部を根拠としていた松平氏が勢力を拡大しながら平地の岡崎に進出してきた経緯、祖父・清康の活躍と守山崩れによる挫折、父・広忠の時代に桜井松平の信定などの一族が離反して混乱状態が続いたことなど、家康が生まれる前の話にも多くのページが割かれていて興味深い。

家康が生まれてからも、織田と今川での人質時代、今川家一門に準じる客将としての活躍と家臣たちの盛りたて、信長と同盟を結んだ後の勢力拡大、三河一向一揆での苦難、武田信玄・勝頼父子との長い戦いと、多くのエピソードが描かれている。

家康と家臣たちが不運にめげずに運命を切り開いていったことはもちろん、著者は苦難を乗り越える先に幸運にも恵まれたことが多かったのではないかと書いていて、このくだりも面白い。
例えば三河一向一揆では家臣の半分と吉良氏などの旧勢力が一向一揆に属して家康と戦ったわけだが、この戦いに勝利したことで徳川家という組織を以前以上に統制できるようになったことなどが挙げられる。

かなり以前に書かれた作品ではあるが、家康についてそれほど扱われるわけでもない話が多く書かれていて、思っていた以上に早く読み進めることができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 戸部新十郎, 徳川家康,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック