『トランプ新大統領誕生で世界はこうなる』:雨読夜話

ここでは、「『トランプ新大統領誕生で世界はこうなる』」 に関する記事を紹介しています。
トランプ新大統領誕生で世界はこうなる
トランプ新大統領誕生で世界はこうなる
長谷川 慶太郎 田原 総一朗
SBクリエイティブ 2016-12-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
大転換 : 長谷川慶太郎の大局を読む緊急版
トランプ幻想に翻弄される日本 :長谷川慶太郎の「投資の王道」
世界が再び日本を見倣う日 「トランプ砲」は恐れる必要なし
最強の組織力 やる気を引き出す条件
2017長谷川慶太郎の大局を読む
最強の日本経済が世界を牽引する
「世界大波乱」でも日本の優位は続く
ついに日本繁栄の時代がやって来た (WAC BUNKO 249)
2017年 世界の真実 (WAC BUNKO 239)
新しい日本人が日本と世界を変える


アメリカでのトランプ大統領誕生を受け、長谷川慶太郎と田原総一郎が語り合った内容をまとめた対談本。

基調として大規模な戦争がないことによるデフレ経済の定着と、リベラルが失墜してポピュリズムが前面に出るという2つの変化がもたらすさまざまな影響という形で話がなされている。

アメリカでは前大統領のオバマによる政策が失望を生み、同じ路線となるであろうヒラリー・クリントンの支持も伸びず、結果として従来の政治家と異なって変化を起こしてくれそうなトランプが当選することになったと長谷川氏が語っていく。

そしてトランプ政権誕生を予見できずにトランプを叩く報道を繰り返しているアメリカにおけるマスコミの問題点についてもしばしば話が及ぶ。
これに対して田原氏は安倍政権へのヒステリックないちゃもんをつけることが多い日本のマスコミの話になったら自身にも矛先が向けられるのが嫌なようで、慌てて話題を変えようとしていることが文面から伝わってきて非常にかっこ悪い。

他にも田原氏はテレビでやっているのと同様に畳み掛けるような話し方をしているが内容に新鮮味がなく、長谷川氏から淡々と諭されるシーンが目立ち、格の違いが感じられる。

他にもドイツ銀行が破綻したらユーロ体制も崩壊するであろうこと、ロシアと中国がかなり危険な経済情勢にあること、日本はあてにならない国連とは別にG7やNATOを活用して安全保障を進めていく可能性があるなど、昨今の情勢分析が書かれていてためになる。

田原氏の話は面白くもないし好きでもないが、長谷川氏の話を引き出す役割はそれなりに果たしていて、興味深く読むことができた。





トランプ幻想に翻弄される日本 :長谷川慶太郎の「投資の王道」トランプ幻想に翻弄される日本 :長谷川慶太郎の「投資の王道」

長谷川慶太郎
徳間書店 2017-05-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界が再び日本を見倣う日 「トランプ砲」は恐れる必要なし世界が再び日本を見倣う日 「トランプ砲」は恐れる必要なし

長谷川 慶太郎
PHP研究所 2017-03-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大転換 : 長谷川慶太郎の大局を読む緊急版大転換 : 長谷川慶太郎の大局を読む緊急版

長谷川慶太郎
徳間書店 2017-01-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 長谷川慶太郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック