『カリスマ鈴木敏文、突然の落日 ―セブン&アイ「人事抗争」全内幕―』:雨読夜話

ここでは、「『カリスマ鈴木敏文、突然の落日 ―セブン&アイ「人事抗争」全内幕―』」 に関する記事を紹介しています。
カリスマ鈴木敏文、突然の落日 ―セブン&アイ「人事抗争」全内幕―
カリスマ鈴木敏文、突然の落日 ―セブン&アイ「人事抗争」全内幕―
毎日新聞経済部
毎日新聞出版 2016-05-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
さらばカリスマ セブン&アイ「鈴木」王国の終焉
セブン-イレブン 鈴木敏文帝国崩壊の深層
週刊東洋経済 2016年6月18日号 [雑誌]
三菱自動車の闇 スリーダイヤ腐蝕の源流
鈴木敏文 孤高
東芝 終わりなき危機 「名門」没落の代償
「理」と「情」の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス
都知事失格
週刊ダイヤモンド 2016年 5/14 号 [雑誌] (カリスマ退場 流通帝国はどこへ向かうのか)
失敗の研究 巨大組織が崩れるとき


昨年春にセブンアンドワイホールディングスで起こった、セブンイレブンジャパンの社長人事をめぐる幹部間の対立から、長年トップに君臨してきた鈴木敏文氏が突然の辞任を発表した騒動について、毎日新聞が取材した内容をまとめている作品。

騒動の発端とされるのは、鈴木氏がセブンイレブンの社長を務めていた井阪隆一氏を更迭して井阪氏よりも年上の副社長に替える人事案を出したことで、業績も好調で井阪氏にこれといって問題があったわけでもなかったことから井阪氏本人や社外取締役、大株主の投資ファンドなどが反対の意向を示し、さらには創業者である伊藤雅俊氏も反対に回り、取締役会で人事案が否決された。

その結果、鈴木氏が辞任を申し出たという経緯となっている。

辞任を発表した会見では鈴木氏と彼に近い幹部や顧問が出席し、その場にいない井阪氏の悪口を立て続けに言っているので非常に印象が悪い。
特に、鈴木氏と伊藤氏の間でメッセンジャーをする以外は何をしているのか不明な顧問が、井阪氏(当時58歳)の父親を味方につけるべく説得した話をしていて、やり方もまずければそれを会見の場で語るのも恥ずかしくないのか疑問に感じた。

鈴木氏は「もう7年もやったのだから」と井阪氏を更迭しようとしていたが、それなら20年以上にわたってトップの座にいた鈴木氏はどうなのか?長期政権の弊害はこちらの方が大きいのでは?と思ってしまう。

それほどの業績を挙げたわけでもない鈴木氏の息子が取締役になっていることなどから、ワンポイントの社長を挟んで息子に社長を引き継がせようとしたのではないか?との観測も多くの人から上がったようで、これもまた重要なポイントになったようである。

そして創業者と経営トップとして良好な関係を続けてきた伊藤氏と鈴木氏の関係が悪化した事情についての考察も書かれている。
伊藤氏は鈴木氏に経営を一任して現在の発展につながってきたのだが、長く成果を出し続けてきたことで周囲が鈴木氏に逆らいにくい雰囲気になってきたこと、鈴木氏が人を通じて伊藤家に会社への援助を求めてきたことなどが書かれている。

以前読んだ長谷川慶太郎著『2017年 世界の真実』では、伊藤氏が世襲を図った鈴木氏を切り捨てたという見立てと、マスコミが鈴木氏が怖くてはっきり報道できていないと書かれているが、そういった部分もありそうだと思っている。

せっかく経営のカリスマとして栄光を浴びてきた人物だっただけに、会見の様子を読む限りだと晩節を汚したように見えるのは非常に残念である。

この出来事についてはあまり細かなことを知らなかったので、会見での具体的なやり取りや取材の結果分かってきたことなどが書かれていて、興味深く読んでいくことができた。
鈴木氏が辞任したことでセブンアンドワイはしばらく大変だと思うが、これからも消費者のために貢献する企業として活躍してもらいたいと切に願っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック