『[超訳]老子 心が安らぐ150の言葉』:雨読夜話

ここでは、「『[超訳]老子 心が安らぐ150の言葉』」 に関する記事を紹介しています。
[超訳]老子 心が安らぐ150の言葉 (PHP文庫)
[超訳]老子 心が安らぐ150の言葉 (PHP文庫)
岬 龍一郎
PHP研究所 2011-08-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
[新訳]老子
超訳 老子の言葉 「穏やかに」「したたかに」生きる極意 (知的生きかた文庫)
老子・荘子の言葉100選―心がほっとするヒント (知的生きかた文庫)
[超訳]論語 自分を磨く200の言葉 (PHP文庫)
[決定版]菜根譚
老子―自由訳
心の疲れがすうっと消える 老子 上善の言葉 (ナガオカ文庫)
老子の無言: 人生に行き詰まったときは老荘思想 (光文社知恵の森文庫)
「いいこと」がいっぱい起こる!老子の言葉: ほっとする!道が開ける!「タオ」の智慧 (王様文庫)
「手放す」生き方 心を晴ればれと軽くする (WIDE SHINSHO 160) (新講社ワイド新書)


『老子』の言葉150を分かりやすい現代語訳で翻訳している作品。

余計なことはしない、自然のままに任せるという印象が強かった『老子』だが、へりくだることや他者への思いやりを語っている言葉がけっこう含まれていることに少し驚く。

そして「大器晩成」、「天網恢恢疎にしてもらさず」、「無為にして化す」、「如水」、「足るを知る」、「小国寡民」、「無用の用」など、日本語の中に定着していると思われる言葉、『老子』からの言葉と知らなかった言葉があることを再認識した。

また、『老子』には「怨みに徳を以て応じる」という言葉があり、『論語』だと孔子がこれに対してそれではダメで、「怨みに直を以て応じる」という趣旨の話があり、孔子より前の時代に書かれたことを思い出したりもする。

著者がまえがきやら解説文やらで3.11の原発事故や現代の世相について憂いてみせ、教訓ぶった話をしているのは『老子』的でない気もするが、本文自体は興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 岬龍一郎, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック