『ダマされない金融商品の買い方』:雨読夜話

ここでは、「『ダマされない金融商品の買い方』」 に関する記事を紹介しています。
ダマされない金融商品の買い方 (マイコミ新書)ダマされない金融商品の買い方 (マイコミ新書)

永野 良佑
毎日コミュニケーションズ 2007-12-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


金融商品を購入する上で気をつけるべきことと、よく分からなくて恐れている気持ちに対してリスクを判断できれば恐れなくてもいいことを解説している作品。
さまざまな金融商品があるが、購入する上でタイプ別に検討する上で重要なポイントがいくつも書かれている。

まず印象に残ったのは、オプション(権利)という概念についてである。
これは保険や預金などでも使われているもので、契約によってオプションを持つ側が相手に見返りとして費用などを支払う形(例としては保険料の支払い)で、オプションの対価が見合っているものとそうでないものがあることを語っている。
その中でも、銀行側に続けるかどうかのオプションがある預金などは、顧客からするとかなり不利であることが分かってくる。

そしてFXや商品先物取引、株の信用取引のようにレバレッジをかけるタイプの手法は危険なイメージが強いが、レバレッジの倍率をコントロールすることでリスクを下げたり、使い方によっては保有する金融商品の値下がりに対するヘッジを効かせることができることが書かれている。

ただ、丁寧に解説されていてもまだ理解が追いついていなかったり、コストが見合ったものなのかの判断がついていなかったりするので、実施する上では最低限の情報と方針が必要なことは変わらない。

また、レバレッジをかけた取り引きをする場合は証拠金の額を意識することが多いが、本当に意識すべきなのはレバレッジがかかった実際の投資額という話は心しておきたいと感じた。

他には、投資信託はアクティブ型の投信がインデックスに勝つのは難しいために著者は投資信託をインデックス型のもののみにしていることも書かれている。
私も基本的には近い考え方だが、「さわかみファンド」、「ひふみ投信」、「朝日Nvest グローバルバリュー株オープン」といったアクティブ型の投信も買っているのは自分でも中途半端だと自覚している。
まあ納得してやっていることなので、今のところ変更するつもりはない。

TSUTAYAに中古として108円で販売されていたものをそれほど期待せずに購入して読んだわけだが、思っていた以上に参考になる部分が多く、得した気分になった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック