『ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義』:雨読夜話

ここでは、「『ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義』」 に関する記事を紹介しています。
ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義 (PHPビジネス新書)
ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義 (PHPビジネス新書)
藤野 英人
PHP研究所 2010-12-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
投資レジェンドが教える ヤバい会社 (日経ビジネス人文庫)
投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)
日本株は、バブルではない―――投資家が知っておくべき「伊藤レポート」の衝撃
ヤンキーの虎
投資バカの思考法
日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。 22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法
「起業」の歩き方: リアルストーリーでわかる創業から上場までの50のポイント
5700人の社長と会ったカリスマファンドマネジャーが明かす 儲かる会社、つぶれる会社の法則
投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール
もしドラえもんの「ひみつ道具」が実現したら タケコプターで読み解く経済入門


「ひふみ投信」を運営するレオス・キャピタルワークスの藤野英人氏による、商業の観点から日本史を語っている作品。

日本人には社交的な「ウミヒコ」と内向的な「ヤマヒコ」の性格を併せ持っていて、国際情勢や経済の動向などによってどちらかの性格が強く出ることを繰り返すという歴史観で話を進めている。

シナで農耕民の政権が安定した時代に「ウミヒコ」の性格が出やすく、海上交易、西日本重視、貿易拡大、自由などがキーワードとなる。

それに対してシナで内乱状態に陥ったり遊牧民の政権になった場合は「ヤマヒコ」になり、陸上交易、東日本重視、内需拡大、平等などがキーワードとなる。

当然どちらがいいというわけではなく、それぞれの長所と短所が出ていて、片方が続くと揺り返しが起こっていることがわかる。

そして、歴史上で行われた経済政策に対する批評もなされている。

まず、一部の階層から支持を受けるために実情を無視したおかしな政策、例えば徳政令、金利制限(これをやっている国の方が少ないらしい)、過度な規制、官庁主導による民間企業の合併などを実施すると、商業の基本となる信用が崩れたり、産業構造がいびつになるなどの弊害が大きいことを例を挙げて解説している。

また、貴族や官僚やインテリなど、指導者に当たる人々が経済を理解していない場合は経済が混乱し、民衆がつけを払わされることになるのも理解しやすい。

商業道徳については、海外との貿易が少なくなる「ヤマヒコ」の傾向が強い江戸時代に発達したのは、内向きである分継続的な取り引きが多かったためではないかと思っている。
(「ウミヒコ」の時代は少々あこぎなことをやっても別の取引先を見つけやすい)

著者が重視する中国に関しては世界が広くなったことでむしろアメリカの方を考慮した方がいいような気もするが、分かりやすい対比で話を進めていて、興味深く読むことができた。





お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れお金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ

大村 大次郎
KADOKAWA 2016-03-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック